Produced by career-info
#perl(ハッシュパール)|サイトマップ
Perl初心者、Perl入門者向けに、Perlの基礎/基本を中心に、サンプルを例に解りやすく丁寧に解説しています。

16.コマンドライン引数

この章では、Perlにおけるコマンドライン引数(外部引数、外部パラメータ)について説明します。


16.1 コマンドライン引数とは?

Perlでは、実行するPerlプログラムに対して外から引数を渡すことができます。その引数のことをコマンドライン引数、外部引数、外部パラメータなどと言います。


16.2 コマンドライン引数の引き渡し方法

(1) Perlにおけるコマンドライン引数(外部引数、外部パラメータ)の引き渡し方法は以下のようになります。

■コマンドライン引数(外部引数、外部パラメータ)の引き渡し方法

perl プログラム名 引数1 引数2 引数3 ...


■コマンドライン引数(外部引数、外部パラメータ)の引き渡し方法例

perl sample.pl Hello World


※上記の例では、sample.plを実行する際に、「Hello」という引数と、「World」という引数の2つのコマンドライン引数をsample.plに引き渡しています。


16.3 コマンドライン引数の受け取り方法

(1) Perlにおけるコマンドライン引数(外部引数、外部パラメータ)の受け取り方法は以下のようになります。

■コマンドライン引数(外部引数、外部パラメータ)の受け取り方法

$ARGV[0]; #コマンドライン引数の1番目が格納される
$ARGV[1]; #コマンドライン引数の2番目が格納される
   ・
   ・


※コマンドライン引数引き渡し時に指定された引数は、PerlではPerl独自の配列である「@ARGV」という変数に、コマンドライン引数が指定された順番に格納されるため、コマンドライン引数の受け取り側は、「@ARGV」という配列変数を参照することで、コマンドライン引数(外部引数、外部パラメータ)を受け取ることができます。

■コマンドライン引数(外部引数、外部パラメータ)の受け取り方法例

#!/usr/bin/perl

$ARGV[0]; #コマンドライン引数の1番目が格納される
$ARGV[1]; #コマンドライン引数の2番目が格納される

print "$ARGV[0]$ARGV[1]¥n";

exit;


■コマンドライン引数(外部引数、外部パラメータ)の受け取り方法例の実行結果

D:¥test>perl sample.pl Hello World
HelloWorld


※上記の例では、sample.plを実行する際に、「Hello」という引数と、「World」という引数の2つのコマンドライン引数をsample.plに引き渡し、sample.pl内のprint文では、引数1と引数2を結合した形で出力しているため、「Hello」と「World」が結合されて「HelloWorld」と出力されています。



D:¥test>perl sample.pl "Hello World"
Hello World


※上記の例では、ダブルクォート(")で文字列を囲んだ「Hello World」という1つのコマンドライン引数をsample.plに引き渡しているため、「Hello」と「World」の間に空白が入った形で出力されています。
[関連記事]
 


■IT関連記事
■ご意見・ご感想について

#perl(ハッシュパール)|HOMEへHOME #perl(ハッシュパール)|ページ先頭へページ先頭へ
当サイト(#perl)では、Perl初心者、Perl入門者向けに、Perlの基礎/基本を中心に、サンプルを例に解りやすく丁寧に解説しています。
当サイトを通して、Perlの楽しさ、Perlの素晴らしさが伝われば幸いです。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ