キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
1,949view

エレベーターのボタンをキャンセル(取り消し)する方法!

エレベーターのボタンをキャンセル(取り消し)する方法!
こんばんは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夜遅くにご覧いただきありがとうございます!

今日は5月12日(水)です!

はじめに


会社や訪問先、自宅マンションなどでエレベーターに乗るとき、間違って行き先階と違う階のボタンを押してしまった経験ありませんか?

そこで、今回は、エレベーターの裏技の一つである、間違って押してしまった行き先階のボタンをキャンセルする方法をご紹介します!


エレベーターのボタンをキャンセル(取り消し)する方法!


以下、エレベーターのボタンをキャンセル(取り消し)する方法についてです。


その前に!


エレベーターに乗った際に、誰でも一度は行き先階ボタンの押し間違えをした経験があると思います。

※筆者も何度かそのような経験があります。

自分一人しか乗っていないエレベーターであれば、それほど気にはしませんが、他の人が乗っていた場合は、少し恥ずかしいような気がしてしまいます。

筆者も数年前までは知らなかったのですが、実はエレベーターによっては間違って押してしまった行き先階ボタンをキャンセル(取り消し)することができます。

もちろんエレベーターのメーカーや種類によっても違いますし、古いエレベーターでは通用しないかもしれませんが、基本的に以下のいずれかの方法でキャンセル(取り消し)出来ることがあります。


間違って押してしまったエレベーターの行き先階ボタンをダブルクリック!


間違って押してしまったエレベーターの行き先階ボタンをキャンセルする一つ目の方法は、

「間違って押してしまったエレベーターの行き先階ボタンをダブルクリックする!」

という方法で、間違って押したエレベーターの行き先階ボタンを素早く2回押すと、押されていた階のボタンが消えて、キャンセル(取り消し)されるエレベーターがあります。


間違って押してしまったエレベーターの行き先階ボタンを長押し!


間違って押してしまったエレベーターの行き先階ボタンをキャンセルする二つ目の方法は、

「間違って押してしまったエレベーターの行き先階ボタンを長押しする!」

という方法で、間違って押したエレベーターの行き先階ボタンを数秒間押し続けると、押されていた階のボタンが消えて、キャンセル(取り消し)されるエレベーターがあります。


エレベーターの行き先階ボタンをキャンセルする方法のまとめ!


エレベーターの行き先階ボタンをキャンセルする方法をまとめると、間違って押してしまったエレベーターの行き先階の

・ボタンをダブルクリック!
・ボタンを長押し!

という、大きくは2つの方法があります。

上記以外の方法でもエレベーターによっては、キャンセル出来ることがある模様ですが、上記の方法でキャンセル出来ない場合は諦めた方がよいと思います。

※しつこいですがキャンセル出来るか出来ないかはエレベーターにより異なります。

ちなみに筆者は間違って押したボタンをキャンセルしようとした際に、上記の方法でキャンセル出来ずに恥ずかしい思いをした経験もあります。


最後に


今回、間違って押してしまった行き先階のボタンをキャンセルする方法をご紹介しましたが、皆さんもエレベーターで行き先階ボタンを間違って押してしまった場合は、是非、上記のキャンセル方法を試してみて下さい。
ad
ad