キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
220,117view

「原因」と「要因」の違い、使い分け

「原因」と「要因」の違い、使い分け
こんばんは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夜の忙しい時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は7月31日(土)です!

はじめに


仕事をしていく上で、「原因(げんいん)」と「要因(よういん)」という言葉を聞いたり、使用したりすると思いますが、皆さんは「原因」と「要因」の違い、使い分けをご存じでしょうか?

今回は、「原因」と「要因」の違い、使い分けについて説明したいと思います。

「原因」も「要因」も同じ意味のように捉えられていることも多いようですが、大きくは以下の違いがあります。


「原因」とは?


「原因」は、ある事象を起こした、または、ある事象が起きたことに対して元になった事柄であり、基本的には1つに特定されます。(「原因」は英語では「cause」が最も近い)

「原因」の使用例
・今回の失敗は○○○したことが原因です。
※この例では「○○○したこと」が原因


「要因」とは?


「要因」は、ある事象を起こした、または、ある事象が起きたことに対して影響を与えるものであり、1つに特定されず複数存在します。(「要因」は英語では「factor」が最も近い)

「要因」の使用例
・今回は○○○したことや、△△△したことなどの様々な要因により、結果的に失敗してしまった。
※この例では「○○○したこと」や「△△△したこと」などが要因


「原因」と「要因」の関係?


上記の説明より、「原因」と「要因」の違い、関係を分かりやすく言うと、イメージ的には下図のように

原因(基本的に1つ)< 要因(複数)

のような関係になります。

「原因」と「要因」の関係


このように「原因」と「要因」では大きな違いがありますが、「要因」については多くの「原因」から主要な「原因」のことを「要因」という事もあり、解釈によっては1つに特定されるこもあります。

また、「原因」が複数ある場合や、直接的な「原因」から一つに特定した「原因」のことを「根本原因」と言う場合もあります。


「原因」と「要因」のまとめ


今回、「原因」と「要因」の大きな違いを説明しましたが、先にも述べたように解釈によっては、大きな意味の違いがないような場合もありますので、「原因」と「要因」を使用するシチュエーションにより使い分けすることも必要です。

皆さんも「原因」と「要因」を使用する際は、注意しましょう!