キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
17,623view

よく見るドメイン.com、.co.jp、.jpの違いを解説します!

よく見るドメイン.com、.co.jp、.jpの違いを解説します!
こんばんは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夜遅くにご覧いただきありがとうございます!

今日は10月23日(土)です!

はじめに


世界中には、数えきれないほどのドメインの種類があります。

そして、日本でよく見るドメインとしては、

・.com
・.co.jp
・.jp

だと思います。

そのような中で、

それぞれのドメインの違いがわかる方は少ないかもしれません。

そこで!

今回は、日本でよく見る代表的なドメインである.com、.co.jp、.jpの違いについて説明します。


[目次]
.com、.co.jp、.jpの違い!
.comドメイン!
.co.jpドメイン!
.jpドメイン!
.com、.co.jp、.jpのまとめ!
ドメインの取得方法!
最後に


.com、.co.jp、.jpの違い!


皆さんも日々、インターネットを利用して色んなWebサイトを見ていると思いますが、見ているサイトのURLの一部である.com、.co.jp、.jpなど

ドメインの種類にどんな違いがあるの?

と疑問に思ったことがあるかもしれません。

もちろん、

.com、.co.jp、.jp以外にも、たくさんのドメインがあり、日々、増えていますが、

今回は、日本でメジャーな

・.com
・.co.jp
・.jp

にマトを絞って説明します。

ということで、

以下、よく見るドメイン.com、.co.jp、.jpの違いについてです。


.comドメイン!


まずは、.comドメインについて説明します。

.com(ドット・コム)ドメインは、世界中の個人、法人問わずに誰でも取得可能なドメインであり、個人、法人問わずに複数取得することができます。

そのため、色んなジャンルのサイトやブログなどに利用されています。

また、このような理由で.comドメインは世界中でも一番取得されているドメインです。

ちなみに、.comドメインの年間登録料金は約500円~2,000円前後となっています。

[ご参考]
ご参考までに、日本でメジャーな.comドメインとしては、

・Google(英語版)
・Twitter
・Facebook
・Instagram
・価格.com

などがあります。

※上記はあくまでも一例です。

上記からも分かるように、世界規模でサービスを展開するWebサイトに.comは多いです。


.co.jpドメイン!


次に、.co.jpドメインについて説明します。

.co.jp(ドット・シーオー・ジェーピー)ドメインは、株式会社、有限会社、合名会社、合資会社など、日本に登記登録を行っている法人(会社など)しか取得できないドメインであり、一つの法人組織で一つしか.co.jpドメインは取得できません。

そのため、.co.jpドメインを取得するには、法人かどうかの審査があり、個人では取得できないドメインとなっています。

ちなみに、.co.jpドメインの年間登録料金は約10,000円前後となっています。

※しつこいようですが、.co.jpドメインは、個人では取得できません。

[ご参考]
ご参考までに、日本でメジャーな.co.jpドメインとしては、

・Google(日本語版)
・Yahoo Japan!
・楽天市場
・Amazon

などがあります。

※上記はあくまでも一例です。

.co.jpは、基本的には、その法人のWebサイトということになりますが、上記からもわかるように、.co.jpドメインで、Webサービスを展開している法人も多いです。

また、Googleのように、.comは英語での検索サービス、.co.jpは日本語での検索サービスと、.comとは別に.co.jpと併用してサービスを展開しているケースもあります。


.jpドメイン!


最後に、.jpドメインについて説明します。

.jp(ドット・ジェーピー)ドメインは、日本国内に住所をもつ個人、団体、組織であれば誰でも取得可能なドメインであり、個人、団体、組織問わずに複数取得することができます。

もちろんですが、.jpドメインは、日本国内限定のドメインのため、日本国内では人気があります。

ちなみに、.jpドメインの年間登録料金は、約4,000円前後となっています。

[ご参考]
ご参考までに、日本でメジャーな.jpドメインとしては、

・ソフトバンク
・ZOZOTOWN
・ベルメゾン

などがあります。

※上記はあくまでも一例です。

.jpドメインは、.comドメインとは違い、日本国内向けのドメインのため、日本人向け、日本語向けのWebサイトやWebサービスに多いドメインです。

余談ですが、当サイトも.jpドメインとなっています!


.com、.co.jp、.jpのまとめ!


先で説明したように、.com、.co.jp、.jpドメインの違いを簡単にまとめると、

取得条件
.com
.co.jp
.jp
取得可能国
世界
日本のみ
日本のみ
取得対象
個人・法人
法人のみ
個人・法人
取得可能数
複数可
1つのみ
複数可

という違いがあります。

.co.jpドメインはともかく、これから日本でドメインを取得する場合は、.comにするか、.jpにするかで悩むことがあるかもしれません...


ドメインの取得方法!


ご参考までに、.com、.co.jp、.jpなどのドメインの取得方法について、簡単に説明しておきます。

ドメインを取得するには、ドメインは自分で申請して取得することもできますが、何かと面倒なため、通常は、ドメイン取得を代行してくれるサービスやレンタルサーバー会社を利用するのが一般的となっています。

例えば、

さくらインターネット

などのサービスです。

また、先で、.com、.co.jp、.jpの年間登録料金について説明しているように、ドメインや取得を代行してくれるサービスによっても料金はまちまちです。


最後に


今回、日本でよく見る代表的なドメインである.com、.co.jp、.jpの違いについて説明しましたが、世の中には数多くのドメインがあり、それぞれのドメイン取得条件に違いがあるため、興味がありましたら各ドメインの違いをぜひ調査してみて下さい!