キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
3,392view

「退職届」と「退職願」の大きな違いについて解説します!

「退職届」と「退職願」の大きな違いについて解説します!
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夕方の忙しい時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は7月31日(土)です!

はじめに


もし、皆さんが転職や寿退社などで、勤めている会社を辞める時、「退職届」と「退職願」のどちらを会社に提出するでしょうか?

退職届」と「退職願」は同じと思っている方も多いと思いますが、

実は、

退職届と退職願には大きな違い!

があります。

そこで!

今回は、「退職届」と「退職願」の大きな違いについて説明したいと思います。


[目次]
「退職届」と「退職願」の違いとは?
「退職届」と「退職願」の違いを知らない!
「退職届」とは?
「退職願」とは?
「退職届」と「退職願」の違い!
    ・退職届
    ・退職願
「退職届」、「退職願」の提出先は?
「退職届」、「退職願」の提出タイミングは?
「退職届」と「退職願」のまとめ!
「辞表」や「辞職願」とは?(ご参考)
最後に


「退職届」と「退職願」の違いとは?


以下、「退職届」と「退職願」の違いについてです。


「退職届」と「退職願」の違いを知らない!


僕も一度、会社を辞めていますが、実際に辞める時までは、「退職届」と「退職願」の違いを具体的には知りませんでした。

当時は、言葉だけ見ると、退職すること、退職したいことを会社に伝えるという点においては、同じ意味であり、「届」と「願」のニュアンスの違いだけかな?と思っていましたが、実は、大きな違いがあったということを今でも覚えています。

そういう意味では、この記事を書くきっかけになったのは、上記のような経緯があります。


「退職届」とは?


まずは、「退職届(たいしょくとどけ)」について説明します。

「退職届」は、勤めている会社に対して、

・退職することを届け出る文書

であり、通常、「退職届」は、会社を辞める意思が堅い時に提出し、よほどの理由がない限り、基本的には一度提出した「退職届」を取り消すことができません。

また、「退職届」を受け取った会社側も退職を却下することはできません。


「退職願」とは?


次に、「退職願(たいしょくねがい)」について説明します。

「退職願」は、勤めている会社に対して、

・退職を考えていることを願い出る文書
・退職を希望していることを願い出る文書

であり、「退職願」は、会社に対して会社を辞めることについてお伺いを立てる行為で、会社側が「退職願」を受理して初めて退職が成立します。

また、「退職願」は基本的には受理されるまでの間は、公的にも取り消すことができます。


「退職届」と「退職願」の違い!


先で説明しているように、

「退職届」と「退職願」には、


|退職届


・会社を辞める意思が堅いときに提出する。
・基本的には一度提出したら取り消すことができない。


|退職願


・退職することを考えている、または、退職することを希望しているときに提出する。
・会社に受理されるまでの間は、取り消すことができる。


という、大きな違いがあります。


「退職届」、「退職願」の提出先は?


先で「退職届」と「退職願」の違いを説明しましたが、

退職届や退職願は誰に提出するの?

という疑問を持つ方もいると思うため、実際の提出先について説明します。

「退職届」、「退職願」の提出先は、

・「退職届」:直属の上司に提出
・「退職願」:直属の上司に提出

することが一般的です。

そういう意味では、「退職届」、「退職願」とも提出先に違いはなく、

直属の上司に提出する!

というのが一般的です。


「退職届」、「退職願」の提出タイミングは?


最後に、「退職届」と「退職願」の提出タイミングについて説明します。

「退職届」、「退職願」を提出するタイミングについては、ともに違いはなく、

通常、

退社する遅くても1~2ヵ月前に提出する!

のが一般的です。

ただし、後任者への引き継ぎなどを考慮し、

余裕を持って3ヵ月前には提出!

しておいた方がよいです。

※会社によっては社内規定で「○ヵ月前」に提出することと決まっている場合もあります。

また、直属の上司に突然、「退職届」や「退職願」を提出するのではなく、可能であれば「退職届」や「退職願」を提出する前に、事前に上司に退職したい旨を相談することもよいと思います。

※僕は突然、提出しちゃいましたが...


「退職届」と「退職願」のまとめ!


これまでの説明のように、「退職届」と「退職願」には大きな違いがあります。

また、「退職届」と「退職願」のどちらを提出するかは会社によっては決まっていることもあり、フォーマットも決まっている場合もありますので、可能であれば総務や上司、同僚、過去に退職された方に確認することをおすすめします。


「辞表」や「辞職願」とは?(ご参考)


ご参考までに、テレビドラマなどでよく耳にする「辞表」について説明しておきます。

「退職届」、「退職願」と同様に「辞表」や「辞職願」という言葉もよく耳にする機会があると思いますが、

「辞表」や「辞職願」は、

・公務員の方
・会社の役員などの役職の方

が提出するものであり、一般企業の社員の場合は「辞表」や「辞職願」ではなく、「退職届」または「退職願」を提出する一般的です。


最後に


今回、「退職届」と「退職願」の違いについて、色々と説明したように、

・退職届
・退職願

の他にも、

・辞表
・辞職願

にも大きな違いがあるため、もし提出する機会がある場合は、皆さん気を付けましょう!