キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
1,457view

クラウドソーシングにおける受発注形式について

クラウドソーシングにおける受発注形式について
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は6月19日(土)です!

はじめに


今回は最近話題のクラウドソーシングにおける受発注形式についての概要を説明したいと思います。

クラウドソーシングとは、インターネットを通して、不特定多数の人に仕事を発注したり、受注したりする仕組みのことで、フリーランスの方などは、このクラウドソーシングを利用して仕事をしている方も多数います。

また、仕事の種類も数多くあり、クラウドソーシングならではのインターネットを利用して自宅で気軽に出来る仕事も多くあります。

[例]
・ホームページ制作
・ロゴデザイン、作成
・記事作成
・etc

クラウドソーシングにおける仕事の契約形態には大きく以下の3種類があります。
※契約形態というと大げさですが、以下が受発注形式となります。


プロジェクト形式


クラウドソーシングにおけるプロジェクト形式は、発注者が求める人材、ワーカーを募る受発注形式で、受注したいワーカーの方は、自分のスキル、これまでの実績などを発注者に提案し、計画的に仕事を進めていく受発注形式です。

発注者にとっては一時的に必要な人材、ワーカーが必要な時にクラウドソーシングを利用して集めやすいという特徴があります。

ホームページ制作やシステム開発などの仕事に多い受発注形式です。


コンペ形式


クラウドソーシングにおけるコンペ形式は、発注者の依頼に対して、成果物を発注者に提案し、採用されれば報酬を得られる受発注形式です。

提案者はすべてクラウドソーシングサービス上(インターネット上)で提案を行うため、提案のために発注者のもとへ足を運ぶ必要がないメリットがあります。

報酬については、提案のために成果物を作成しても採用されなければ報酬は基本的には得られないため、リスクはありますが、1つの依頼に対する単価は比較的高いです。

ロゴのデザイン、作成などに多い受発注形式です。


タスク形式


クラウドソーシングにおけるタスク形式は、発注者が作業を依頼する受発注形式で、作業後に発注者が承認すれば報酬を得られる受発注形式です。

作業者はすべてクラウドソーシングサービス上(インターネット上)で作業を行うため、作業のために発注者のもとへ足を運ぶ必要がないメリットがあります。

報酬については、比較的簡単な作業が中心となるためリスク比較的単価は低めですが、手軽に出来る利点があります。

記事作成などに多い受発注形式です。


上記の説明の通り、クラウドソーシングにおける受発注形式には大きく「プロジェクト形式」、「コンペ形式」、「タスク形式」の三種類あります。

また、参考までにクラウドソーシングの代表的なサービスをご紹介します。

ランサーズ
クラウドワークス

皆さんも機会がありましたら、クラウドソーシングを利用してみて下さい。