キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
2,517view

「行」を消して「御中」または「様」に訂正していますか?

「行」を消して「御中」または「様」に訂正していますか?
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は9月18日(土)です!

はじめに


皆さんは「御中」と「様」の違い、使い分けを正しく理解しているでしょうか?

つまり、「行」を消して「御中」または「様」に訂正していますか?

今回は、返信用封筒(返信用はがき)などの「行」を「御中」または「様」に訂正することに関して述べたいと思います。


「行」を消して「御中」または「様」に訂正していますか?


普段、仕事や生活していく中で、返信用封筒(返信用はがき)が届き、返信用封筒(返信用はがき)で返信する機会があるかと思いますが、返信用封筒(返信用はがき)にはよく「○○○ 行」と書いてあります。

人によっては返信用封筒に必要な資料のみを封入したり、返信用はがきであれば必用事項のみを記入して返信してしまう方もいるかと思いますが、返信用封筒(返信用はがき)に書いてある「○○○ 行」のまま返信することは相手に対して失礼に当たり、ビジネスマナー上はNGとなります。(一般的なマナーでもNGとなります。)

正しくは返信用封筒(返信用はがき)に書いてある「○○○ 行」を会社、部署名などの法人、団体に対してに返信するのであれば「○○○ 御中」、個人に対してに返信するのであれば「○○○ 様」に訂正して返信するのが一般常識であり、マナーです。

[返信用封筒(返信用はがき)における注意点]
・「行」のまま返信するのはNG
・会社、部署名などの法人、団体に返信する場合は、「行」を「御中」に訂正
・個人に返信する場合は、「行」を「様」に訂正

※上記の説明のように、「御中」と「様」の違い、使い分けは難しくはありません。


「行」を「御中」または「様」に訂正する方法


「○○○ 行」を「○○○ 御中」または「○○○ 様」に訂正する方法は、通常は「行」の文字に二重線を書き、二重線で消した「行」の隣り、または、下の方に「御中」もしくは「様」を手書きで訂正してから返信します。

皆さんも返信用封筒(返信用はがき)で返信する際は、「行」を「御中」または「様」に訂正してから返信するように気を付けましょう!

おすすめのバーチャルオフィス!


最後にちょっとだけ宣伝です。

バーチャルオフィスの利用をご検討中の方へ!

下記のサイトで、東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社をご紹介しています!

[Vオフィス]
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!

よろしければぜひ!