Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
1,330view

「特徴」と「特長」の違い、使い分け

「特徴」と「特長」の違い、使い分け|キャリアエヌ(career.n)


皆さんもよく「特徴(とくちょう)」、「特長(とくちょう)」という言葉を聞いたり、話したりすると思いますが、「特徴」と「特長」の違い、使い分けは果たして何なのでしょうか?(「特徴」と「特長」の違いをご存じでしょうか?)

今回は、「特徴」と「特長」の違い、使い分けについて説明したいと思います。


「特徴」とは?


「特徴」は、「目立つ点」、「目立つところ」などの「特に際立った点」や「特に際立ったところ」を意味し、基本的には、良い、悪いにかかわらず、「目立つ点」、「目立つところ」、「特に際立った点」、「特に際立ったところ」があるときに使用します。

[例]
・彼は特徴のある声の持ち主だ。
・彼女は特徴のある顔立ちをしている。
・etc


「特長」とは?


「特長」は、「特に優れた点」、「特に優れたところ」を意味し、基本的には、「特に優れた良い点」、「特に優れた良いところ」があるときに使用します。
※悪い点、悪いところがある場合は使用しません。

[例]
・当社の製品の特長は、誰にでも簡単に操作できる点です。
・この腕時計の特長は、水に濡れても壊れない点です。
・etc


「特徴」と「特長」違い、使い分けのまとめ


「特徴」と「特長」は、読み方(とくちょう)は同じで、漢字も似ているため混乱し易いですが、上記で説明したように、「特徴」と「特長」では、若干ながらも明確な違いがあります。


・「特徴」=「目立つ点」、「目立つところ」、「特に際立った点」、「特に際立ったところ」

・「特長」=「特に優れた良い点」、「特に優れた良いところ」(但し、悪い点、悪いところがある場合は使用しない。)


皆さんも「特徴」と「特長」を使う時は、違いを理解し正しく使い分けしましょう。

■最新記事
■記事アクセスランキング
■カテゴリー/タグ

■関連コンテンツ

■人気記事

■ご意見・ご感想について

キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ