キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
47,139view

「万一」と「万が一」の違い、使い分け

「万一」と「万が一」の違い、使い分け
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は6月19日(土)です!

はじめに


皆さんも仕事をしていく上で、「万一(まんいち)」、「万が一(まんがいち)」という言葉を聞いたり、話したりすると思いますが、果たして「万一」と「万が一」の違い、使い分けは何なんでしょうか?

今回は「万一」と「万が一」の違い、使い分けについて説明したいと思います。


「万一」について


最初に「万一(まんいち)」について説明します。

「万一」は、万の中に一つしかない、めったにないことに例えて、「もしも」、「仮に」という意味でよく使われる言葉です。

・「万一」----- 「もしも」、「仮に」

[例]
・地震などの万一に備えて非常食を蓄えておこう。
・万一、資料を無くしたら、直ぐに上司に連絡しよう。
・万一、打ち合わせの開始時間に間に合わなかったら、先に始めてください。
・etc


「万が一」について


次に「万が一(まんがいち)」について説明します。

「万が一」は、「万一」と意味は全く同じで、万の中に一つしかない、めったにないことに例えて、「もしも」、「仮に」という意味でよく使われる言葉です。

・「万が一」----- 「もしも」、「仮に」

[例]
・万が一に備えて、保険に加入しよう。
・彼は試験に合格するのは確実だが、万が一不合格だった場合はどうするつもりだろう。
・明日は晴れの予報だが、万が一雨の場合は中止にしよう。
・etc


「万一」と「万が一」の使い分け


「万一」と「万が一」の使い分けについては、上記でも述べたように「万一」と「万が一」の意味は全く同じであるため、筆者が調べた限りでは、これといって使い分けは明確ではない模様です。

・「万一」 ----- 「もしも」、「仮に」
・「万が一」----- 「もしも」、「仮に」

※「万一」と「万が一」は全く同じ意味。