キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
8,538view

「見積」、「見積り」、「見積もり」で正しいのはどれ?

「見積」、「見積り」、「見積もり」で正しいのはどれ?
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は6月19日(土)です!

はじめに


皆さんも「見積(みつもり)」、「見積り(みつもり)」、「見積もり(みつもり)」という言葉を聞いたり話したりすると思いますが、書く時に「見積」、「見積り」、「見積もり」のどれが正しいのか?を悩んだ経験はないでしょうか?

筆者はいつも、「見積」、「見積り」、「見積もり」の送り仮名をどのようにすればよいのかを悩んでしまします。

今回は、「見積」、「見積り」、「見積もり」で正しいのはどれか?について述べたいと思います。


「見積」、「見積り」、「見積もり」で正しいのは?


「見積」、「見積り」、「見積もり」の表現について、ネットで色々と調べた結果を最初に言うと、「見積」、「見積り」、「見積もり」のいずれも正しい言葉(正しい表現)となります。


「見積」、「見積り」、「見積もり」の使い分け


「見積」、「見積り」、「見積もり」の使い分けについては、主に名詞として使用する場合は「見積」を使用し、動詞として使用する場合は「見積り」または「見積もり」のいずれかを使用するのが一般的となっています。


[名詞として使用する例]
・見積依頼書
・見積書
・見積価格
・etc

※上記の例ように名詞として使用する場合は、「見積」を使用する。


[動詞として使用する例]
・代理店に見積りをしてもらう。
・お見積りをお願いいたします。
・本日中に見積もりをしたいと思います。
・etc

※上記の例ように動詞として使用する場合は、「見積り」「見積もり」を使用する。


余談


余談ですが、WindowsのIMEで「みつもり」と入力すると、正しく「見積」、「見積り」、「見積もり」に変換されます。

また、iPhoneで「みつもり」と入力しても、正しく「見積」、「見積り」、「見積もり」に変換されます。