キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
6,024view

「清算」と「精算」の違い、使い分け

「清算」と「精算」の違い、使い分け
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は6月19日(土)です!

はじめに


皆さんもよく「清算(せいさん)」、「精算(せいさん)」という言葉を聞いたり、話したりすると思います。

また、「清算」と「精算」は、読み方は同じ(せいさん)で、漢字も似ているため混乱し易い言葉ですが、「清算」と「精算」の違い、使い分けは果たして何なのでしょうか?

今回は、「清算」と「精算」の違い、使い分けについて説明したいと思います。


「清算」とは?


「清算」は基本的に、「お金の貸し借りに決着をつける」、「これまでの関係や事柄に決着をつける」という大きく二つの意味があり、以下のように使用します。

[例]
・借金を清算する。
・過去を清算する。
・彼との関係を清算する。
・etc


「精算」とは?


「精算」は基本的に、「金額などを細かく計算すること」、「料金の過不足を再計算すること」という意味があり、以下のように使用します。

[例]
・乗り越し精算する。
・出張費を精算する。
・精算金を計算する。
・etc


「清算」と「精算」違い、使い分けのまとめ


「清算」と「精算」は、読み方は同じ(せいさん)で、漢字も似ているため混乱し易い言葉ですが、上記の説明のように、「清算」と「精算」では、明確な違いがあります。


・「清算」=「お金の貸し借りに決着をつける」、「これまでの関係や事柄に決着をつける」

・「精算」=「金額などを細かく計算すること」、「料金の過不足を再計算すること」


特に「清算」、「精算」ともにお金に絡んだ使い方をしますが、「清算」については、「精算」にはない、「これまでの関係や事柄に決着をつける」という意味で、お金に絡まない使い方(例:「過去を清算する。」など)もします。

皆さんも「清算」と「精算」を使う時は正しく使い分けましょう。