Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
938view

北海道新幹線が開業しました!(2016.3.26)

北海道新幹線が開業しました!(2016.3.26)|キャリアエヌ(career.n)


北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)がついに開業しました!(2016.3.26)

本日(2016.3.26)、北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)がついに開業し、本州と北海道が新幹線で結ばれました。

北海道新幹線の始発駅でもある東京駅には、始発から大勢の利用者、鉄道ファンが詰めかけており、東京駅の新幹線ホームには大勢の人が集まっていました。


北海道新幹線について


今回、開業した北海道新幹線は新青森~新函館北斗間で、最終的には2030年度末に新函館北斗~札幌間も開業を予定しており、東京~札幌間が東北新幹線~北海道新幹線として結ばれることになります。

これまで東京~函館間は東北新幹線と在来線で片道約5時間30分~6時間弱でしたが、今回の北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)開業により、最速で(最短で)4時間2分で結ばれることになりました。

※函館駅と新函館北斗駅(旧:渡島大野駅(おしまおおのえき))は全く違う駅で、今回の北海道新幹線の開業に伴い、これまで在来線の駅であった渡島大野駅を新函館北斗駅に改名および整備した駅で、函館駅と新函館北斗駅間は在来線で約20分程度かかります。


北海道新幹線の運行


本日、開業した北海道新幹線は、「はやぶさ」と「はやて」で運行しており、現時点では以下となっています。

[はやぶさ]
・東京~新函館北斗間  ---10往復
・仙台~新函館北斗間  ---1往復

[はやて]
・盛岡~新函館北斗間  ---1往復
・新青森~新函館北斗間 ---1往復

また、最速(最短)での運行時間は、以下となっています。

・東京~新函館北斗間  ---4時間2分
・仙台~新函館北斗間  ---2時間30分
・新青森~新函館北斗間 ---1時間1分


北海道新幹線の車両


北海道新幹線の車両は、主に「はやぶさ」として東北新幹線で走行している「E5系」をベースとして開発された「H5系」となっています。

ただし、北海道新幹線として開発された「H5系」は、基本的な仕様は「E5系」と同じとなっており、大きな違いはない車両となっています。

[H5系の基本仕様]
・車両は10両編成
・座席はE5系と同様に「グランクラス」、「グリーン車」、「普通車」の3種類
・最高速度は320km/h(ただし、北海道新幹線区間は260km/hとなり、在来線との共用区間は140km/hとなります。)


北海道新幹線の開業に伴い在来線は全て廃止


今回の新青森~新函館北斗間の北海道新幹線開業に伴い、上野~札幌を結んでいた寝台特急「カシオペア」と、新青森~函館を結んでいた特急「スーパー白鳥」、「白鳥」、および、青森~札幌を結んでいた急行「はまなす」は廃止されました。

※寝台特急「カシオペア」と同じく、ブルートレインで親しまれており、上野~札幌を結んでいた寝台特急「北斗星」は2015年8月に既に廃止されており、今回の新青森~新函館北斗間の北海道新幹線開業に伴い、本州と北海道を結ぶ寝台特急は全て廃止されました。

筆者は、数年前に鉄道好きな子供と一緒に家族旅行(2泊3日)で東京~函館まで新幹線と在来線で行ったことがあり、その時は東京~新青森まで東北新幹線で行き、新青森で「スーパー白鳥」に乗り換えて函館まで、片道約5時間30分~6時間弱かけて行ったことがありますが、時間はかかるものの、それなりに楽しい旅行だったことを覚えています。

皆さんも機会がありましたら是非、北海道新幹線に乗車してみてはいかがでしょうか?

■最新記事
■記事アクセスランキング
■カテゴリー/タグ

■関連コンテンツ

■人気記事

■ご意見・ご感想について


キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ