キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
1,616view

Googleの意外な社名の由来

Googleの意外な社名の由来
こんばんは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夜の忙しい時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は7月31日(土)です!

はじめに


皆さんもよく知っている世界的に有名なGoogle(グーグル)の意外な社名の由来をご存知でしょうか?

実は、Google(グーグル)の社名の由来には意外な実話があります。

今回は、Googleの意外な社名の由来について述べたいと思います。


Googleの意外な社名の由来


Googleという検索サービスの名前でもあり、社名でもあるGoogle(グーグル)という名前は、もともとは「Googol(ゴーゴル or グーゴル)」という、10の100乗という意味で、世界中の多くの人にサービスを利用してもらい、世界中の多くのユーザーが求める情報を提供したいという願いを込めて、「Googol」という名前にするつもりが、ドメインを取得する際に、「googol.com」を間違えて「google.com」と申請してしまったため、「Google」になったと言われています。

[概要]
×googol.com ← ドメインの申請ミス

○google.com ← 現在(本来は「googol」にするつもりが...)

※この話はWeb業界では有名な話で、実話です。


このように、「Google」の名前の由来は、ドメインの申請ミスからきています。


もし、ドメインの申請ミスが無ければ、今頃、「Google(グーグル)」ではなく、「Googol(ゴーゴル or グーゴル)」という名前で、我々は色んなサービスを利用していたかもしれません。

[例えば]
・Googol検索(ゴーゴル or グーゴル検索)
・Googol Map(ゴーゴル or グーゴルマップ)
・Googol Analytics(ゴーゴル or グーゴルアナリティクス)
・Googol AdSense(ゴーゴル or グーゴルアドセンス)
・etc

信じるか信じないかは皆さん次第ですが、ウソのようで本当の話です。