キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
6,206view

「問題」と「課題」の違い、使い分け

「問題」と「課題」の違い、使い分け
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は6月19日(土)です!

はじめに


皆さんもよく「問題(もんだい)」、「課題(かだい)」という言葉を聞いたり、話したりすると思いますが、「問題」と「課題」の違い、使い分けは果たして何なのでしょうか?(「問題」と「課題」の違いをご存じでしょうか?)

また、「問題」と「課題」を同じに捉えている方もいるかと思います。

今回は、「問題」と「課題」の違い、使い分けについて説明したいと思います。


「問題」とは?


最初に「問題」について説明します。

「問題」は基本的に、ある目的に向けて解決すべき事項、困った事項を意味し、「問題」は最終的には「解決」しなければならない事項です。

・「問題」----- 「解決」しなければならない事項。

また、「問題」は解決しなければならない事象が現実的に起きていることに利用されることが多く、短期的に解決を図る必要があります。


「課題」とは?


次に「課題」について説明します。

「課題」は基本的に、「問題」を解決するために課せられた題という意味で、問題を解決するための行動や取り組み対象を意味します。

・「課題」----- 問題を解決するための行動や取り組み。

また、「課題」は解決しなければならない事象が近い将来に起きる可能性がある、または、中長期的に解決しなければならない事象に対して利用されることが多いです。


「問題」と「課題」違い、使い分けのまとめ


上記の説明のように、「問題」と「課題」では、明確な違いがあります。

・「問題」----- 「解決」しなければならない事項。(短期的)
・「課題」----- 問題を解決するための行動や取り組み。(中長期的)

皆さんも「問題」と「課題」を使う時は、それぞれの意味を正しく理解した上で使い分けしましょう。