キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
96,732view

「適用」と「摘要」の違い、使い分け

「適用」と「摘要」の違い、使い分け
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夕方の忙しい時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は7月31日(土)です!

はじめに


皆さんも「適用(てきよう)」と「摘要(てきよう)」という言葉を見かける機会があるかと思いますが、「適用」と「摘要」の違いや意味をご存知でしょうか?

「適用」、「摘要」ともに「てきよう」と読み、漢字も似ているため、違いや使い分けについて悩んだことはないでしょうか?

今回は、「適用」と「摘要」の違い、使い分けについて説明したいと思います。


「適用」とは?


「適用(てきよう)」とは、辞書によると「法律・規則・方法などを物事に当てはめて使うこと。」という意味で、「適用」の「適」は「適する(てきする)」という漢字となり、

・法律を適用する。
・この規則を適用する。
・この方式を適用する。
・etc

などのように使用します。

「適用」は筆者もそうですが、皆さんも頻繁に使用する言葉かと思いますので、特に問題はないかと思います。


「摘要」とは?


「摘要(てきよう)」とは、辞書によると「重要な箇所を抜き書きすること。また、その抜き書きしたもの。」という意味で、「摘要」の「摘」は「摘む(つむ)」という漢字となり、

・改正案の摘要。
・条約の摘要。
・要点を抜き出した摘要メモ。
・etc

などのように使用します。

また、会計や経理の業界においては、伝票などに「摘要欄」という欄があり、「摘要」という言葉が頻繁に使用されます。

※「摘要」は、筆者はほとんど使用する機会がありませんが、会計や経理に携わる方は頻繁に使用する模様です。


「適用」と「摘要」のまとめ


上記で述べたように、「適用」と「摘要」とで読み方は同じ「てきよう」で、漢字も似ていますが、意味や使い方には大きな違いがあります。

皆さんも「適用」と「摘要」を使用する際は正しく使い分けしましょう!