Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
783view

年収1,000万円は必ずしも裕福とは限らない!

年収1,000万円は必ずしも裕福とは限らない!|キャリアエヌ(career.n)


皆さんは「年収1,000万円」と聞くとどんなイメージを持っているでしょうか?

「すごく稼いでいて贅沢できそう!」あるいは、「年収1,000万円くらいじゃ贅沢できない!」などと、人によって考え方や捉え方、お金に対する価値観が違うかと思います。

また、この記事を読んでいる方の中には、「年収1,000万円なんて夢だ!」という方や、「もう既に年収1,000万円を超えている!」という方もいるかと思います。

今回は、「年収1,000万円」の人は、必ずしも裕福ではないことについて述べます。


「年収1,000万円」の捉え方


最初に、「年収1,000万円」の捉え方について説明します。

皆さんもご存知のように、年収はあくまでも一個人が1年間に稼いだ、あるいは、1年間に稼ぐであろう収入です。

ただし、「年収1,000万円」を稼ぐ人にも、かなり残業して「年収1,000万円」を稼ぐ人もいれば、残業しなくても稼ぐ人など、様々なケースがあり、「年収1,000万円」を稼ぐプロセスは人によって違います。


「年収」と「世帯年収」の違い


そこで、「年収」ではなく、「世帯年収」という考え方を入れてみると、「年収」と「世帯年収」により、生活水準が変わってくることについて説明します。

例えば、以下の3つのケースについて見てみましょう。

[ケース1]
夫:年収1,000万円、妻:専業主婦、子供1人=世帯年収1,000万円

[ケース2]
夫:年収600万円、妻:年収400万円、子供1人=世帯年収1,000万円

[ケース3]
夫:年収700万円、妻:年収500万円、子供1人=世帯年収1,200万円

上記のケースにおいて、「夫の年収はいくら?」と聞かれたら、あくまでのケース1の場合は年収1,000万円であり、ケース2、ケース3の場合は年収1,000万円に満たない年収となります。

しかし、「世帯年収」として見れば、ケース1とケース2は、同じ1,000万円での生活水準となり、逆にケース3の場合は、夫の年収は1,000万円に満たないものの、「世帯年収」として見れば1,200万円となり、ケース1やケース2よりも生活水準が上がるということになります。


生活水準を測るのは「世帯年収」


先に説明したように、例え「年収1,000万円」だとしても、「世帯年収」の方が上回ることがありため、生活水準を測るのは、「年収」ではなく「世帯年収」で測らないと、実際の生活水準は分からないことになります。


最後に


今回、「年収1,000万円」は必ずしも裕福ではないことについて述べましたが、裕福という意味では下記のケース4が一番裕福かと思います。

[ケース4]
独身:年収1,000万円=世帯年収1,000万円

※余談ですが、筆者がもし独身で「年収1,000万円」だとしたら、都内の広いマンションに住んで、スポーツカーを買って生活します!

現実は車も買えず、130円のうどんが大好きなおじさんです...

■最新記事
■記事アクセスランキング
■カテゴリー/タグ

■関連コンテンツ

■人気記事

■ご意見・ご感想について


キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ