Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
3,376view

「エビデンス」とは?意味と使い方について解説!

「エビデンス」とは?意味と使い方について解説!|キャリアエヌ(career.n)
皆さんの中にも「エビデンス」という言葉を聞いたことがある方も多くいるかと思います。

今回は、「エビデンス」の意味と使い方について説明します。


「エビデンス」とは?


「エビデンス」は、英語では「evidence」となり、意味としては、「証拠」、「証言」、「根拠」という意味です。

また、「エビデンス」は、業界問わず使用される言葉ですが、業界によっては多少、違った意味で使用されることもあります。

今回は、「エビデンス」の一般的な使い方と、IT業界、医療分野での使い方について解説します。


一般的な使い方


「エビデンス」の一般的な使い方としては、「証言」、「証拠」という意味で使用されることが多く、様々な分野、業種で使用されます。


IT業界での使い方


IT業界での「エビデンス」の使い方は、基本的には「証拠」という意味で使用されることがほとんどです。

例えば、あるプログラムを開発した場合、そのプログラムが正しく動くかをテストします。

その際に、正しく動くことをテスト結果として残しますが、テスト結果そのものを「エビデンス」と言ったり、テスト結果にたどり着くまでの証拠(入力データ、出力データ、ログなど)が「エビデンス」となります。

よく、IT業界では、

「テストする際はエビデンスを残すように!」



「エビデンスを取る!」

などのように、使われます。


医療分野での使い方


医療分野での「エビデンス」の使い方は、基本的には「根拠」という意味で使用されることがほとんどです。

例えば、ある患者に対して複数の治療法がある場合などで、最終的に一つの治療法を決定する場合、その治療法を選んだ「根拠」が「エビデンス」となります。

また、薬の有効性を示すための「証拠」や「根拠」も「エビデンス」となります。


「エビデンス」の注意点


「エビデンス」は、「証拠」、「証言」、「根拠」という意味から、人間が後から目で見たり、聴いたりする形で残っていることが大前提です。

逆に言うと、頭の中の記憶にしか残っていない「証拠」、「証言」、「根拠」などは「エビデンス」とは言えません。

そのため、「エビデンス」はデータとして保存し、いつでも、誰でも見れる形にしておくことをおすすめします。

また、取得した「エビデンス」は、後で見ても分かりやすいように、何の「エビデンス」なのかの説明を記述することもおすすめします。


最後に


筆者もIT関連の仕事で「エビデンス」を取る機会が多くありますが、いつから「エビデンス」という言葉を使うようになったのかは、定かではないです。
■最新記事
■記事アクセスランキング
■カテゴリー/タグ

■人気記事
■ご意見・ご感想について

キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ