キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
2,558view

ビジネスでよく使う「ブラッシュアップ」の意味と使い方!

ビジネスでよく使う「ブラッシュアップ」の意味と使い方!
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は6月19日(土)です!

はじめに


皆さんも仕事をしていく上で、「ブラッシュアップ」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。

また、既に「ブラッシュアップ」という言葉を使用している方もいるかと思います。

果たして「ブラッシュアップ」とは、どのような意味で、どのような使い方をするのでしょうか?

今回は、「ブラッシュアップ」の意味と使い方について説明します。


「ブラッシュアップ」とは?


「ブラッシュアップ(brushup)」とは、「磨き上げる」、「磨きをかける」という意味で、一定基準には達しているが、「更によくする」という意味合いで、ビジネスにおいては、様々なシチュエーションで使用される言葉です。


「ブラッシュアップ」の使い方


「ブラッシュアップ」は、様々なシチュエーションで使用されますが、よく会議や会話などで頻繁に使用されます。

使用例を以下に示します。

[例]
・この企画書は、もう少しブラッシュアップが必要だ。

・この提案書はまだ作成途中ですが、来週までにブラッシュアップします。

・英語はある程度話すことができるが、海外との取引きに備えて、もう少しブラッシュアップする予定です。

などのように使用します。

また、メールなどで資料の確認を依頼したり、返信する場合など

・前回からブラッシュアップした資料のご確認をお願いします。

・3ページ目の内容は、もう少しブラッシュアップしてください。

のように、会話だけではなく、書く場合も使用します。


最後に


筆者も提案書などの資料を作成し、レビューを受けている際に「ブラッシュアップ」という言葉を言われたり、他の人の資料をチェックする際など、「ブラッシュアップ」という言葉を話したりしています。

皆さんも機会がありましたら是非、使ってみてください。