キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
48,956view

ビジネスでよく使う「バッファ」の意味と使い方!

ビジネスでよく使う「バッファ」の意味と使い方!
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夕方の忙しい時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は7月31日(土)です!

はじめに


皆さんも仕事をしていく上で、「バッファ」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。

また、既に「バッファ」という言葉を使用している方もいるかと思います。

果たして「バッファ」とは、どのような意味で、どのような使い方をするのでしょうか?

今回は、ビジネスにおける「バッファ」の意味と使い方について説明します。


「バッファ」とは?


「バッファ」とは、英語では「buffer」となり、本来は以下のような意味合いがあります。

●本来の意味
・衝撃を和らげる緩衝器

●コンピューターでの意味
・データを一時的に保持する記憶領域

という意味になります。

しかし、ビジネスにおける「バッファ」は、いつの間にか、以下の意味で使用されるようになっています。

●ビジネスでの意味
・余裕
・予備

また、「バッファ」のことを「バッファー」と書く場合がありますが、同じい意味となります。


「バッファ」の使い方


ビジネスにおいて「バッファ」は様々なシチュエーションで使用されます。

以下に「バッファ」の使い方を示します。

[例]
・彼は新人なので、少しバッファを考慮したスケジュールにします。

・このスケジュールはどれくらいのバッファを見ているのか?

・会議参加者は10人だが、バッファを見て資料は12部準備しよう!

・開発費の見積もりは800万円だが、バッファを持たせて1,000万円で予算確保しよう。

・14:00に会社を出れば間に合うが、バッファを持たせて13:30に出よう!

などのように使用します。


最後に


筆者は、スケジュールを立てる場合などに、頻繁に、「バッファを見て、作業期間を3日ではなく、4日にしよう!」などのように使用しています。

皆さんも、機会がありましたら是非、使用してみてください。