キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
55,426view

「考慮」と「配慮」の違い、使い分け!

「考慮」と「配慮」の違い、使い分け!
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は9月18日(土)です!

はじめに


皆さんも仕事をしていく上で、「考慮(こうりょ)」、「配慮(はいりょ)」という言葉を使う機会が多いかと思いますが、似ているこの2つの言葉の違い、使い分けをご存知でしょうか?

今回は、「考慮」と「配慮」の違い、使い分けについて説明したいと思います。


「考慮」と「配慮」の違い、使い分け!


以下、「考慮」と「配慮」の違い、使い分けとなります。


「考慮」とは?
「考慮(こうりょ)」を辞書で調べてみると、「物事を色々な要素を含めてよく考えること」という意味となり、簡単に言うと、自分で「よく考えること」になります。

※「考慮」の「考」は、まさに「考える」という字ですね!

つまり、「考慮」は、何かしらの行動を起こす場合や、何かしらの判断をする場合に、「よく考えること」という意味合いが強く、下記の例のように使用されます。

[使用例]
・◯◯を考慮した結果、このようになりました。
・考慮の余地がない。
・etc


「配慮」とは?
「配慮(はいりょ)」を辞書で調べてみると、「相手に心をくばること」という意味となり、簡単に言うと、相手に「気を遣うこと」、「気を配ること」になります。

※「配慮」の「配」は、まさに「配る」という字ですね!

つまり、「配慮」は、何かしらの相手に対して「気を遣うこと」、「気を配ること」という意味合いが強く、下記の例のように使用されます。

[使用例]
・相手の立場に配慮する。
・これは配慮に欠けている。
・etc


最後に


今回、「考慮」と「配慮」の違いについて説明しましたが、ざっくりした意味としては、

・「考慮」----- 自分でよく考えること。
・「配慮」----- 相手に気を遣うこと。

という意味だけ理解しておきましょう!

日本語って本当に難しいですね!

おすすめのバーチャルオフィス!


最後にちょっとだけ宣伝です。

バーチャルオフィスの利用をご検討中の方へ!

下記のサイトで、東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社をご紹介しています!

[Vオフィス]
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!

よろしければぜひ!