キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
23,086view

「少々お待ちください」、「少しお待ちください」正しいのはどっち?

「少々お待ちください」、「少しお待ちください」正しいのはどっち?
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夕方の忙しい時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は7月31日(土)です!

はじめに


電話応対において、

少々お待ちください

少しお待ちください

と言ったり、言われる機会が多いと思います。

そのような中で、

どちらが正しい応対なの?

という疑問を持ったことはないでしょうか?

そこで!

今回は、電話応対において「少々お待ちください」、「少しお待ちください」正しいのはどちらか?について色々と述べたいと思います。


[目次]
「少々お待ちください」、「少しお待ちください」を使うシチュエーション!
「少々お待ちください」、「少しお待ちください」正しいのはどっち?
「少々お待ちください」が多い?
「少々」と「少し」の言い回しを調査!
    ・地域による違い?
    ・業種による違い?
会社や職場の方針により違う!
結論!
「しばらくお待ちください」は?
最後に


「少々お待ちください」、「少しお待ちください」を使うシチュエーション!


まずは、

・少々お待ちください
・少しお待ちください

を使うシチュエーションについてです。

「少々お待ちください」、「少しお待ちください」を使うシチュエーションとしては、

・電話口で待つ場合
・電話口で待ってもらう場合
・対面で待つ場合
・対面で待ってもらう場合

に使用します。

例えば、

仕事中に「◯◯さんいらっしゃいますか?」とお客様から電話があり、◯◯さんに電話を取り次ぐ際に、

少々お待ちください

または

少しお待ちください

のように応対する方がほとんどだと思います。

逆に、自分からお客様や取引先などに電話した際も、同様に応対される場合が多いと思います。

また、電話だけではなく、来客や訪問の場合も同様に、使用します。

いずれにせよ、

相手に待ってもらう場合に使用する!

とうのが基本です。


「少々お待ちください」、「少しお待ちください」正しいのはどっち?


ここから本題です。

以下、電話応対などで「少々お待ちください」、「少しお待ちください」のどちらが正しいか?についてです。


「少々お待ちください」が多い?


まずは、

・少々お待ちください
・少しお待ちください

のどちらを使用している人が多いのか?についてです。

僕の周りでは、人によって違いますが、

どちらかというと

少々お待ちください

と応対している人の方が多いように感じます。

そういう意味では、

僕も基本的には「少々お待ちください」を使っています。

ただ、

少しお待ちください

を使う人も少なくなくです。


「少々」と「少し」の言い回しを調査!


次に、「少々」と「少し」の言い回しの違いについて、地域や業種によって違いがあるのか?を調査してみました。


●地域による違い?


地域により「少々」と「少し」の言い回しが違うのかと思い、色々と調べましたが、

地域による違いはない!

ということが判明しました。


●業種による違い?


業種による「少々」と「少し」の言い回しの違いも調べてみましたが、

業種による違いもない!

ということが判明しました。


会社や職場の方針により違う!


結局のところ、「少々お待ちください」、「少しお待ちください」の違いや使い分けは、

会社や職場の方針により違う!

のみで、一般的なビジネスマナーとしては明確に規定されていないということがわかりました。

例えば、

頻繁に電話応対するコールセンター業務を行う会社でもA社では「少々」を使うし、B社では「少し」を使うなど、明確ではない模様です。

ただ、とあるカスタマーセンターでは、会社の方針で「少々」ではなく「少し」を使うよう規定している会社もあるようです。


結論!


先で説明したとおり、

一般的なビジネスマナーとしては明確に規定されていないということもあり、

僕の結論としては、

少々お待ちください ← OK
少しお待ちください ← OK

と、どちらも正しく、どちらを使うかは、人によって違うということにしたいと思います。


「しばらくお待ちください」は?


ちなみに、余談ですが、

しばらくお待ちください

は、「少々お待ちください」や「少しお待ちください」より長く待たされる感じを相手に与えてしまうので、電話応対としてはNGのところが多い模様です。

確かに、そう言われてみると、「少々」や「少し」と比べると「しばらく」は、時間的に長く感じてしまいます。


最後に


今回、電話応対において「少々お待ちください」、「少しお待ちください」正しいのはどちらか?について色々と述べましたが、

日本語って本当に難しいですね!

いずれにせよ、この記事、何かの参考になれば幸いです。
>関連記事!
お疲れ様です,ご苦労様です,違い,使い分け
「お疲れ様です」、「ご苦労様です」の違い、使い分け
皆さんも仕事をしていく中で、接する相手に対して「お疲れ様です」や「ご苦労様です」という言葉を言ったり、相手から言われたりする機会があるかと思いますが、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い方によっては、大きな違いがあり、使い分けをする必要があります。
ビジネス3,732view