Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
2,361view

「3階(三階)」は「さんがい」、「さんかい」のどちらが正しいか?

「3階(三階)」は「さんがい」、「さんかい」のどちらが正しいか?|キャリアエヌ(career.n)
「3階(三階)」の読み方は「さんがい」、「さんかい」のどちらが正しい読み方か?に関する記事です。

皆さんも仕事をしている中で、「3階(三階)」という言葉を聞いたり話したりすると思いますが、皆さんは「3階(三階)」の読み方を「さんがい」と読みますか?、「さんかい」と読みますか?

筆者の周りにも「3階(三階)」を「さんがい」と読む人と「さんかい」と読む人がいますが、「3階(三階)」の正しい読み方は「さんがい」と「さんかい」のどちらが正しいでしょうか?

「3階(三階)」の正しい読み方は「さんがい」の模様ですが、「さんかい」でも、間違いではない模様です。

※Yahoo辞書で調べてみても「3階(三階)」は「さんがい」でも「さんかい」でも、全く同じ読み方として扱われています。また、他の辞書でも「3階(三階)」は「さんがい」でも「さんかい」でも、全く同じ読み方、意味として扱われています。

・「3階(三階)」=「さんがい」←正しい
・「3階(三階)」=「さんかい」←正しい

※音声アナウンス付きのエレベーターでは「3階(三階)」のみ「さんかい」ではなく、「さんがい」とアナウンスしています。(13階のアナウンスも同じ)

※筆者の周りでは、どちらかと言うと、「3階(三階)」を「さんかい」と読む人よりも「さんがい」と読む人の方が多いです。

「3階(三階)」を「さんかい」ではなく「さんがい」と読むのは、連濁(れんだく)という二つの語が一つの語になる際に、後ろの語頭が清音から濁音に変化するという読み方の一種で、「3階(三階)」を「さんかい」ではなく「さんがい」と読むのも連濁(れんだく)に相当します。

※連濁(れんだく)の例としては、「王者」は「おうしゃ」ではなく「おうじゃ」、「学習机」は「がくしゅうつくえ」ではなく「がくしゅうづくえ」など...

また「3階(三階)」を「さんがい」と読むのは東日本地域に多く「さんかい」と読むのは西日本地域に多い模様です。

ちなみに、iPhoneで「さんがい」と入力しても、「さんかい」と入力しても、正しく「3階(三階)」と変換されます。

WindowsのIMEでも「さんがい」と入力しても、「さんかい」と入力しても、正しく「3階(三階)」と変換されます。
■関連記事

■最新記事
■記事アクセスランキング
■カテゴリー/タグ

■人気記事
■ご意見・ご感想について

キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ