キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
18,722view

「CEO」と「COO」の違い?

「CEO」と「COO」の違い?
こんにちは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は6月19日(土)です!

はじめに


最近、よく「CEO」や「COO」という言葉を耳にするかと思いますが、皆さんは「CEO」と「COO」の違いをご存じでしょうか?

今回は「CEO」と「COO」の違いについて説明したいと思います。


「CEO」とは?


「CEO」とは、「Chief Executive Officer」の頭文字をとった言葉で、「最高経営責任者」という意味で、日本では取締役会長や代表取締役社長といった立場および役割となります。

「CEO」=「最高経営責任者」

また、「CEO」は経営方針や事業方針における決定権限を持ち、会社経営における最高責任者となります。


「COO」とは?


「COO」とは、「Chief Operations Officer」の頭文字をとった言葉で、「最高執行責任者」という意味で、日本では代表取締役副社長の立場および役割となります。

「COO」=「最高執行責任者」

また、「COO」は「CEO」が決定したことを執行する最高責任者となります。


「CEO」と「COO」どちらが偉い?


上記にて「CEO」と「COO」の違いを説明しましたが、「CEO」は「COO」より上の立場および役割となります。

「CEO」>「COO」 ←「CEO」の方が偉い!


「CEO」と「COO」の立場および役割


「CEO」と「COO」の立場および役割は、「CEO」の立場および役割により、以下のように変わります。

●「CEO」が「会長」の場合
⇒基本的には、「CEO」が「会長」の場合は、「COO」は「社長」になります。

●「CEO」が「社長」の場合
⇒基本的には、「CEO」が「社長」の場合は、「COO」は「副社長」になります。

このように、「CEO」と「COO」の立場により、会社での役割が変わってきます。
>関連記事!
取締役,執行役員,違い
「取締役」と「執行役員」の違い?
「取締役」と「執行役員」の違いを皆さんはご存じでしょうか?皆さんも仕事をしていく上で、「取締役」と「執行役員」という言葉をよく耳にすると思いますが、果たして何が違うのでしょうか?今回は、「取締役」と「執行役員」の違いについて説明したいと思います。
ビジネス4,475view