Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
944view

ブラウザのシェアに変化あり?(Google Chromeの急速な伸び!)

ブラウザのシェアに変化あり?(Google Chromeの急速な伸び!)|キャリアエヌ(career.n)
今回はGoogle Chromeのブラウザのシェアについて述べたいと思います。

以前、日本におけるWebブラウザのシェアに関する記事を書き、日本ではIE(Internet Explorer )のシェアが高いということについて述べましたが、最近の傾向ではIEを抜いて、Google Chrome(以下、Chrome)の方がシェアが高いように思います。

実際に、Googleアナリティクスで、当サイトのブラウザ別のアクセス比率を見てみると、昨年(2015年)まではChromeよりもIEの方が若干ではありますが高い数値でしたが、今年(2016年)に入ってからはIEよりもChromeの方が高い数値を示しており、直近(2016年2月)では完全にChromeの方が利用者が多い数値となっています。


当サイトのブラウザのシェア

※当サイトのセション数は、少ないため載せていません...(残念ですが...)


会社によっては、まだ、IEを標準ブラウザとして使用している会社も多いかと思いますが、当サイトの特性上、ビジネスマンやビジネスウーマン向けにビジネスやITに役立つ情報を提供しているということもあり、平日の日中帯や夜間帯にアクセスが多いことを考えると、企業へのChromeの導入も加速しているようにも考えられます。

また、Windows10からIEに代わり、Edgeというブラウザが導入されており、Windows10の普及によってはEdgeのシェアも高くなる可能性もありますが、個人的にはIEほどのシェアにはならないと予想しています。

何れにせよ、世界的にはダントツのシェアを持つChromeですが、日本でもChromeがダントツのシェアを持つ日はそう遠くはないと考えています。
■関連記事

■最新記事
■記事アクセスランキング
■カテゴリー/タグ

■人気記事
■ご意見・ご感想について

キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ