キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
9,616view

社員証などのセキュリティカード紛失リスクを少しでも減らす方法!

社員証などのセキュリティカード紛失リスクを少しでも減らす方法!
こんばんは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夜の忙しい時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は7月31日(土)です!

はじめに


以前、「社員証などのセキュリティカード紛失を防ぐ基本的な対策!」と題して、社員証などのセキュリティカードを紛失しないための基本的な対策について述べましたが、今回は、社員証などのセキュリティカード紛失リスクを減らす方法について述べたいと思います。


社員証などのセキュリティカード紛失リスクを減らす方法


最初に結論を言うと、社員証などのセキュリティカード紛失リスクを減らすには、社員証などのセキュリティカードを持ち帰らない(持ち帰らせない)ことです。

もちろん、全員が持ち帰らないわけにはいかないため、特定の人だけ持ち帰るという対策となります。

例えば、100人の社員がいて、100人全員が社員証などのセキュリティカードを持ち帰ることは100人全員に紛失するリスクがありますが、部や課、またはプロジェクト単位などで、社員証やセキュリティカードを持ち帰る人を10人決めて、持ち帰った人は早めに出社し、出社した人に手渡しすることで、100人にある紛失リスクを1/10に減らすことが出来ます。

※もちろんですが、社員証やセキュリティカードを持ち帰る人は、当番制にしたり、随時、臨機応変に対応してよいかと思います。

また、持ち帰らない社員証やセキュリティカードは、事務所などの社内のセキュリティボックスなどで厳重に管理する必要もあります。

このように、社員証やセキュリティカード紛失を100%防ぐことは難しいため、どのようにしてリスクを減らすかが重要となります。

仮にコストをかけてでも社員証やセキュリティカード紛失を100%無くしたいのであれば、指紋認識や静脈認証などの設備を導入することをお勧めします。
>関連記事!
セキュリティ,業務,pc
情報セキュリティにおいて業務PCで気をつけること!
皆さんも仕事をしていく中で、様々な情報を取り扱っていると思います。その中には機密情報や個人情報なども含まれており、それらの情報を守るために、「情報セキュリティ」として気をつけなければいけない事は多々あります。そこで、今回は、情報セキュリティにおいて業務PCで気をつけることについて、基本的な事項について説明します。
ビジネスIT2,526view
社員証,セキュリティカード,紛失,対策
社員証などのセキュリティカード紛失を防ぐ基本的な対策!
筆者もそうですが、仕事をしていく上で、社員証などのセキュリティカードをIDカードホルダーに入れて身に付ける事が多いと思います。また、社員証やセキュリティカードの紛失事故も少なくないと思います。そこで、今回は、「情報セキュリティ」の中でも、社員証やセキュリティカードを紛失しないように気をつける基本的な対策について説明します。
ビジネスIT17,923view