Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
1,409view

プログラミング言語のランキング/シェア(2016年6月)

プログラミング言語のランキング/シェア(2016年6月)|キャリアエヌ(career.n)


世の中には色んな種類のプログラミング言語がありますが、今回は、プログラミング言語のランキング/シェアについて述べたいと思います。

PYPL(PopularitY of Programming Language Index)によると、2016年6月時点の世界でのプログラミング言語のランキング/シェアは、以下のようになっています。

1位:Java(24.0%)
2位:Python(12.4%)
3位:PHP(10.6%)
4位:C#(8.9%)
5位:Javascript(7.5%)
6位:C++(7.4%)
7位:C(7.2%)
8位:Objective-C(4.7%)
9位:R(3.1%)
10位:Swift(3.0%)
11位:Matlab(2.9%)
12位:Ruby(2.2%)
13位:Visual Basic(1.7%)
14位:VBA(1.4%)
15位:Perl(1.0%)
16位:Scala(1.0%)
17位:lua(0.5%)
18位:Delphi(0.4%)

聞いたことがないプログラミング言語もあるかと思いますが、上記がのプログラミング言語ランキング/シェアとなります。

上記で示しているように、Java(ジャバ)が1位で最も人気のある言語となっており、2位がPython(パイソン)とシェアを伸ばしており、3位がPHP(ピー・エイチ・ピー)となっています。

また、上位3つの言語の内2つ(PHP、Python)はJavaのようにコンパイルのいらないスクリプト系言語となっています。

日本人により日本で開発されて、世界で育ったRuby(ルビー)は12位となっており、これからの伸びに期待したいと思います。

個人的な意見ですが、筆者が大好きなPerl(パール)は15位となっており、ランキング/シェアは下がっている傾向にあります。

PYPLの公開情報は、あくまでも世界で見た場合のランキング/シェアのため、これが日本でも同じとは限らないですが、Java、PHPは日本でも人気のあるプログラミング言語であり、Pythonも最近では人気のプログラミング言語となってきているため、近い将来は日本でのランキング/シェアも世界と同じようになる気がします。

■関連記事

■最新記事
■記事アクセスランキング
■カテゴリー/タグ

■関連コンテンツ

■人気記事

■ご意見・ご感想について

キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ