Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
4,881view

メール1行の妥当な文字数は?

メール1行の妥当な文字数は?|キャリアエヌ(career.n)


皆さんも普段の仕事でよく色んな方へメールを送信すると思いますが、メールを書くとき、1行をどの程度の文字数で改行したらよいか悩んだことがあるかと思います。

筆者も普段、よくメールを書きますが同じように悩んだことがあります。

今回は、「メール1行の妥当な文字数」について述べたいと思います。


メール1行の妥当な文字数は?


今回、メール1行の妥当な文字数について色々と調査を実施しました。

最初に結果から言うと、メールを書く際の1行の妥当な文字数は30文字前後が適切な文字数の模様です。

この30文字前後という文字数はあくまで1行当たりの最大文字数として捉えて、相手がメールを読みやすくするために、30文字以下であっても適切な場所で改行することも必用です。

メールを書く際の1行の妥当な文字数=30文字前後の理由は大きく二つあり、以下となります。

●1行を30文字前後に抑えることにより、メールを読む人が視線を左右に動かさなくても読める文字数が30文字前後である。

●1行が長い文字数の場合、メールソフト(メーラー)により自動的に改行されることがあり、メールを送信した相手のメールソフト(メーラー)により、意図しない箇所で改行されないようにするために、30文字前後に抑える。

上記の理由により、メール1行の妥当な文字数は、30文字前後が妥当ということになります。


ご参考


余談ですが、IETFという団体がインターネットに関する基本的な標準を定めている文書であるRFC2822には、1行の文字数は最大で半角で78文字(改行除く)というルールがあり、日本語では全角で39文字となるため、目安として1行当たり30文字前後になっている模様です。

■関連記事

■最新記事
■記事アクセスランキング


■カテゴリー/タグ

■関連コンテンツ

■人気記事

■ご意見・ご感想について

キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ