キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
8,261view

メール1行の妥当な文字数(制限)はどれくらいか?

メール1行の妥当な文字数(制限)はどれくらいか?
こんばんは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夜遅くにご覧いただきありがとうございます!

今日は5月12日(水)です!

はじめに


皆さんも仕事でメールを送信する機会が多いと思いますが、

「メール1行の妥当な文字数ってどれくらいなの?」

「メール1行の文字数に制限はあるの?」

と、悩んだことはないでしょうか?

筆者も頻繁にメールを書きますが同じように悩んだことがあります。

そこで!

今回は、メール1行の妥当な文字数(制限)はどれくらいか?について述べたいと思います。


メール1行の妥当な文字数(制限)はどれくらいか?


以下、メール1行の妥当な文字数(制限)はどれくらいか?についてです。


メール1行は30文字前後が適切!


今回、メール1行の妥当な文字数や制限について、色々と調査を実施しました。

最初に結果を言うと、

「メールを書く際の1行の妥当な文字数は30文字前後が適切な文字数!」

の模様です。

この30文字前後という文字数は、あくまでも日本語(全角)で書いた場合の1行当たりの最大文字数として捉えて、

もちろん、

「相手がメールを読みやすくするために、30文字以下であっても適切な場所で改行することも必要!」

です。

また、

「単語が途中で切れてしまうような場合は、30文字以上であっても改行しないなどの考慮も必要!」

です。

そういう意味での、

「30文字前後!」

となります。


メール1行が30文字前後が適切な理由!


では、メール1行が30文字前後が適切な理由について説明します。

メールを書く際の1行の妥当な文字数=30文字前後の理由は、大きくは以下の二つあります。

●1行を30文字前後に抑えることにより、メールを読む人が視線を左右に動かさなくても読める文字数が30文字前後である。

●1行が長い文字数の場合、メールソフト(メーラー)により自動的に改行されることがあり、メールを送信した相手のメールソフト(メーラー)により、意図しない箇所で改行されないようにするために、30文字前後に抑える。

上記の理由により、メール1行の妥当な文字数は、30文字前後が妥当ということになります。


ご参考


余談ですが、アメリカに本部を置くIETF(Internet Engineering Task Force)というインターネットに関する標準化団体が、インターネットに関する基本的な標準を定めている文書であるRFC2822には、1行の文字数は最大で半角で78文字(改行除く)というルールがあり、日本語では全角で39文字となるため、目安として1行当たり30文字前後になっている模様です。


最後に


今回、メール1行の妥当な文字数(制限)はどれくらいか?について、色々と説明しましたが、

「ビジネスメールにおけるマナーの一つ!」

として覚えていただけたら幸いです。

いずれにせよ、メールを受け取った相手が、読みやすいように日頃から意識してメールを書くことが大切ですね!
ad
ad
>関連記事!
殿,様,違い,使い分け
メールにおける 「殿」と「様」の違い、使い分け!
仕事をしていく上で、メールを送受信する機会が多い中で、メール文面の最初に記載する名前の後に「殿」や「様」を付けることも多いと思います。でも、その二つの違い、使い分けをご存知でしょうか?そこで、今回はメール文面の宛名によく使用する「殿」と「様」の違い、使い分けについて説明します。
ビジネス4,499view
メール,to,cc,bcc,使い方
メールにおける「To」、「Cc」、「Bcc」の正しい使い方!
皆さんも毎日、メールを送受信していると思いますが、メール初心者の方や、メールをあまり使わない方は、「To」はわかるけど「Cc」って何?「Bcc」って何?「Cc」と「Bcc」の違いは何?と、悩む方も多いと思います。そこで!今回は、メールにおける「To」、「Cc」、「Bcc」の正しい使い方について説明したいと思います。
ビジネス2,094view
容量,大きい,ファイル,メール送信,圧縮,zip,lzh,ファイル転送サービス
容量の大きいファイルをメールで送る方法は?
皆さんも容量の大きいファイルを添付してメール送信した際に、メールサーバーの制限で、添付ファイルの容量が大きいためにメール送信できなかった経験はないでしょうか?今回は、容量の大きいファイルをメール送信する方法について述べたいと思います。
ビジネスIT29,191view