Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
1,305view

メールでの「TO」、「CC」、「BCC」の正しい使い方

メールでの「TO」、「CC」、「BCC」の正しい使い方|キャリアエヌ(career.n)


皆さんも毎日、メールを送信したり受信していると思いますが、今回は、メールでの「TO」、「CC」、「BCC」の正しい使い方について説明したいと思います。(メールでの「TO」、「CC」、「BCC」の使い分けをご存じでしょうか?)


TO(宛先)


メール送信における「TO」は、言わずと知れた宛先で、メールを送信したい相手を指定します。


CC(同報)


メール送信における「CC」はカーボン・コピーの略で、同報という意味となり、「TO」に送信するメールを情報共有や参考までに送信したい相手を指定します。

また、「CC」に指定した相手には「TO」の相手に送信した内容と同じメールが送信されます。


BCC(メールアドレスを伏せた同報)


メール送信における「BCC」はブラインド・カーボン・コピーの略で、メールアドレスを伏せた同報という意味となり、「CC」との違いは、通常は「TO」や「CC」で送信したメールは受信者にメールアドレスが表示されますが、「BCC」で送信したメールは受信者にはメールアドレスが表示されないため、こっそり同報したい相手を指定します。

また、「BCC」に指定した相手には「CC」と同様に「TO」の相手に送信した内容と同じメールが送信されます。

※「BCC」の使い方は他と違い、少し難しいかと思いますが、誰にも分からないように同報したい場合に使うということを覚えておきましょう。


「TO」、「CC」、「BCC」のまとめ


メールにおける「TO」、「CC」、「BCC」の使い方を説明しましたが、メールを送信する相手や用途によって、「TO」、「CC」、「BCC」を使い分ける必要がありますので、皆さんもメールを送信する際は注意しましょう。

特に「BCC」の使い方は、メールにおけるポイントとなりますので、是非マスターしてください。

■関連記事

■最新記事
■記事アクセスランキング


■カテゴリー/タグ

■関連コンテンツ

■人気記事

■ご意見・ご感想について

キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ