Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
1,034view

転職における面接での自己紹介について

転職における面接での自己紹介について|キャリアエヌ(career.n)
転職する際に、転職先の面接官、人事担当の方や役員と面接しますが、転職での面接において「まずは自己紹介をして下さい」と言われる事が、必ずと言っていいほど多々あります。

自己紹介は転職での面接における第一歩であるため、非常に重要となります。

今回は転職における面接での自己紹介のポイントをご紹介します。


転職における面接での自己紹介は長くても2~3分を目安に


転職における面接での自己紹介は長くても2~3分程度で完結するようにします。可能であれば1分程度でも良いかと思います。

長々と話すことは面接官に良い印象を与えない事が多いため、いかに短い時間で自己紹介をするかがポイントとなります。


転職における面接での自己紹介で話す内容は決まっている


転職における面接での自己紹介では短時間で簡潔に相手に自己PRしなけれななりません。

基本的に自己紹介で話す(相手に伝える)内容は、

・挨拶
・名前
・職務経験の概要
・自己PR(アピールポイント)
・志望の動機
・締めの挨拶

となります。

上記の内容を長くても2~3分で簡潔に話す事が重要なポイントとなります。

職務経験の概要などは、きめ細かく話す必要はなく、どのような職種、立場で仕事をしてきたかを話す程度でよいです。

また、仕事以外の話や、自分の趣味の話などは面接における自己紹介では必要ありませんので、注意しましょう。


転職における面接で自己紹介する際は面接官の目を見て話す


転職における面接での自己紹介は面接において、最初に言葉を発する事になるため、緊張して下を向いて話したり、上手く話そうと面接官とは全然違う所を向いて話したりせずに、必ず、面接官の目を見て、丁寧にハキハキと話すようにしましょう。


上記のポイントをおさえて転職における面接での自己紹介に臨みましょう。
■関連記事

■最新記事
■記事アクセスランキング
■カテゴリー/タグ

■人気記事
■ご意見・ご感想について

キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ