Produced by career-info
キャリアエヌ(career.n)|サイトマップ
キャリアエヌは「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。
1,956view

「了解いたしました」と「承知いたしました」のどちらが正しい?

「了解いたしました」と「承知いたしました」のどちらが正しい?|キャリアエヌ(career.n)
皆さんも仕事をしていく中で、上司や先輩などの目上の人からメールで様々なことを依頼されることが多々あるかと思いますが、そのメールでの依頼に対する返信をどのようにするでしょうか?

よくある依頼に対する返信は以下のいずれかかと思います。

・「了解しました。」
・「了解いたしました。」
・「承知しました。」
・「承知いたしました。」

今回は、「了解いたしました」と「承知いたしました」のどちらが正しいか?について述べたいと思います。


「了解いたしました」と「承知いたしました」のどちらが正しいか?


最初に結論を言うと、正直、上記のいずれも間違えではないですが、ネット上での意見でも、目上の人には「了解」よりも「承知」の方が良いという意見が多いのが現状です。(筆者も目上の人には「了解」ではなく「承知」を使用しています。)

また、同様に「しました。」よりは「いたしました。」の方が良いかと思います。


目上の人に対する「了解」と「承知」、「しました。」と「いたしました。」の使い方についてまとめると

×「了解しました。」
△「了解いたしました。」
○「承知しました。」
◎「承知いたしました。」

の順になります。


ご参考


ちなみに、「承知いたしました。」の「いたしました。」を「致しました。」と漢字で書く人も多いかと思いますが、「致」は当て字で、「いたしました。」とひらがなで書くのが正しいです。

よく見かける間違いは、

×「宜しくお願い致します。」
〇「よろしくお願いいたします。」

などです。


最後に


今回は、社内での目上の人からの依頼に対するメール返信についてを記載していますが、顧客や社外の人からの依頼に対する返信の場合は、「承知」よりも「承りました。」や「かしこまりました。」を使用する方が良いとされています。
■関連記事

■最新記事
■記事アクセスランキング
■カテゴリー/タグ

■人気記事
■ご意見・ご感想について

キャリアエヌ(career.n)|HOMEへHOME キャリアエヌ(career.n)|ページ先頭へページ先頭へ
キャリアエヌ(career.n)は「ビジネス」、「IT」、「転職」に関する様々な情報をお届けするWebメディアです。ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております。
当サイトが皆様のビジネスライフにおいて少しでもお役に立てればと考えております。
キャリアインフォ
career.nについてリンクについて
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ