キャリアエヌでは、ビジネスライフに役立つビジネスノウハウ情報を発信しております!
1,915view

残業における「36協定(サブロク協定)」、「割増賃金」について!

残業における「36協定(サブロク協定)」、「割増賃金」について!
こんばんは!

「キャリアエヌ」の管理人です!

夜の忙しい時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は7月31日(土)です!

はじめに


皆さんも残業をする機会があると思いますが、残業を正しく理解していますでしょうか?

そこで、今回は、残業に関する基本的な事項について説明します。

※「残業」を「時間外労働」、「超過勤務」、「超勤」などと言うことがありますが、当記事では「残業」に統一します。


残業における「36協定(サブロク協定)」、「割増賃金」について!


まずは、基本的な事項ですが、労働基準法では原則として1日8時間、週に40時間を超える労働は認められていないのが大原則となります。

では、「なぜ残業があるのか?」、「なぜ残業ができるのか?」というと、残業は会社と労働者間で結ばれる「労使協定」の範囲内で、会社が労働者に対して残業させる事が認められているため、会社が残業を指示したり、労働者が残業することが可能になっています。

但し、何時間でも残業しても大丈夫かというと、通称「36協定(サブロク協定)」と言われる労働基準法36条に基づいて結ばれる協定においては、例えば1ヵ月では45時間まで、1年では360時間までなどの限度が示されています。

また、残業に対する対価として会社は労働者に対して残業代を支払う必要がありますが、例えば、午後10時~翌日の午前5時までの深夜帯の残業(深夜残業)については、通常の残業代に加えて割増賃金(2割5分以上)を会社は労働者に対して支払う必要があります。

※割増賃金については、深夜帯の残業の残業だけではなく、労働基準法で定められた法定休日(曜日に関係なく、週1日又は4週を通じて4日間)に労働させた場合も、割増賃金(3割5分以上)を会社は労働者に対して支払う必要があります。


最後に


残業における「36協定(サブロク協定)」、「割増賃金」について説明したように、単に残業といっても色んな事項がありますので、皆さんも自分の会社との労使協定をチェックしてみてはいかがでしょうか?
>関連記事!
ノー残業デー,意味ない,メリット,デメリット
ノー残業デーは意味ない?メリットとデメリットを解説します!
最近は、国が働き方改革を推進しているということもあり、「ノー残業デー」を実施している企業や職場も多いと思います。そのような中で、「ノー残業デーは意味ない!」という方もいます。そこで!今回は、ノー残業デーのメリットやデメリットなどについて色々と説明したいと思います。
ビジネス5,481view
雇用形態,正社員,契約社員,派遣社員,パート,アルバイト,メリット,デメリット
雇用形態の違い-各雇用形態のメリット/デメリット-
今回は雇用形態の違い、各雇用形態のメリット/デメリットについて説明したいと思います。まずは、雇用形態の種類ですが、雇用形態には大きく「正社員」、「契約社員」、「派遣社員」、「パート・アルバイト」があります。それでは、其々の雇用形態のメリット/デメリットについて説明します。
ビジネス転職2,015view
年俸制,メリット,デメリット
年俸制とは?-年俸制のメリット/デメリット-
皆さんも良く「年俸制」という言葉を聞いたり、求人情報などの給与欄に「年俸制」と書いてあるのを見たことがあるかと思いますが、「月給制」とはどのように違うのでしょうか?今回は、年俸制のメリット、デメリットについてご紹介したいと思います。
ビジネス転職2,120view
裁量労働制,メリット,デメリット
裁量労働制とは-裁量労働制のメリット/デメリット-
裁量労働制とは、業務の遂行方法が労働者の裁量に委ねられており、労働時間は実労働時間ではなく、みなし時間によって行うことを認めるという制度です。また、裁量労働制は業務遂行の手段および時間配分について、使用者が具体的な指示をすることが困難な業務に適用することができ、対象業務により大きく2種類の制度があります。
ビジネス転職2,095view