キャリアエヌでは、ビジネスライフにおける素朴な疑問や旬の話題について様々な情報を発信しております!
1,841view

転職するまでの流れ!(初めて転職する方必見!)


はじめに


筆者も経験していますが、初めて転職する際に、どのような流れで転職するのか?が分からずに、不安であったことを今でも覚えています。

やはり、初めて転職する際は、誰でも流れが分からずに不安になってしまいますよね!

そこで、今回は、初めて転職する方に向けて、転職するまでの流れについて説明します。


転職の流れ!


まずは、転職のおおまかな流れは、以下の通りです。

[転職の流れ]
1.転職を決意!
2.転職活動!
3.応募・面接!
4.内定・退社準備!
5.退社・入社!

それぞれの内容とポイントについて、次から詳しく説明します!

※ちょっと長文ですが、これでもかなりまとめたつもりなので、最後まで読んでいただければと思います。


1.転職を決意!


転職する理由は人さまざまです。

例えば、

・収入を上げたい!
・新たな事にチャレンジしたい!
・今の会社、組織に馴染めない!

など、理由は各々で違うと思いますが、転職を決意したからには、今の自分よりも更に上の自分を目指す心構えで転職することが必要です。

また、初めて転職をする方は何かと不安は多いと思いますが、不安があるのは当然のことです。

※転職における不安については、「転職における不安は?」の記事をご覧ください。

上記を踏まえて、転職を決意した後に確認すべきポイントを以下に2つ示します。


POINT1:転職する目的を明確に!


転職する目的を明確にすることは、転職において最も重要なことの一つです。

特に、初めて転職する場合は、目的も無く闇雲に転職するのは避けた方がよいです。

・何故転職するのか?
・何のために転職するのか?
・本当に転職して幸せになれるのか?

など、転職するメリット/デメリットはもちろんですが、転職においては、転職する目的を明確にすることが重要となります。


POINT2:転職活動は計画的に!


転職を決意した日から実際に転職するまで、計画的に行動する事が大切です。

初めて転職する場合は、どのくらいの期間、スケジュールで計画するのが良いか?が分からないと思いますが、個人差はあるにせよ転職を決意した日から、

「大体6ヵ月後」

を目途に転職する計画を立てることをおすすめします。

逆に言うと、転職する日の6ヵ月前から計画を開始することをおすすめします。

いずれにせよ、しっかり転職するまでの計画、スケジュールを立てて行動することが重要です。

また、転職を決意してから、転職先を探すために転職活動を始めることになりますが、転職先を選ぶ基準もある程度は決めてから転職活動を行うこともおすすめします。

※転職先を選ぶ基準については、「転職先を選ぶ基準は?(仕事内容、収入、勤務地のどれ?)」の記事をご覧ください。


2.転職活動!


転職を決意後、転職先の会社を探し、最終的には転職先を決定する必要があります。(ここでは転職活動期間という表現にしています)

転職活動期間中は、一つの情報に固執せずに、様々な情報を得ることをおすすめします。

そのため、転職活動期間中は、まずは転職先を決めるための情報である求人情報を収集する必要があります。

求人情報の収集には、ハローワーク(※1)などの職業紹介所に出向いて求人情報を収集する方法もありますが、現在ではインターネットによる求人情報サイトから情報を収集するのが一般的になっています。

例えば、

・DODA(デューダ)

などの大手の求人情報サイトをはじめ、最近では、特定の業種に特化した求人情報サイトも多くあります。

また、求人情報サイトには「会員登録」したユーザーのみが見れる

「非公開求人」

も多くあるため、求人情報サイトを活用して転職活動を行う場合は、会員登録することをおすすめします!

※1:ハローワークは、公共職業安定所(こうきょうしょくぎょうあんていじょ)の愛称で、雇用機会を確保することを目的として厚生労働省が設置している行政機関です。

転職先を選ぶ際も、これまでと同じ職種、これまでと同じ勤務地など様々な観点やこだわりがあると思いますが、何よりも自分がこれからやっていきたい仕事内容と募集要項を比較して転職先を決定する必要があります。

上記を踏まえて、転職活動におけるポイントを以下に2つ示します。


POINT1:転職活動は積極的に!


自ら転職活動を積極的に行わなければ転職先は見つかりません、そして、最終的な転職先は決定しません。

特に転職活動開始時は、求人情報収集も幅広く積極的に行う必要があります。

また、現在の会社の業務も疎かにしてはいけませんし、平日は中々時間を取ることができずに転職活動ができないこともあるかもしれませんが、土日などの休日を利用し積極的に転職活動を行うことをおすすめします。


POINT2:一つの情報に固執せずに、様々な情報を得る!


求人情報からだけではその企業の様々な情報を得る事は出来ないため、インターネットなどを有効に活用し、転職先がある程度決定したら、その企業そのものの様々な情報を得ることも重要です。

例えば、

・資本金、従業員数、売上、損益などはどうか?
・どのような人材を求めているのか?
・将来性があるか?

などです。


3.応募・面接!


希望する転職先が決定したら、希望する転職先の求人に対して応募を行います。

応募方法は希望する転職先の求人情報の募集要項などに従い応募する必要があります。

例えば、

・求人情報サイトからの応募
・メールによる応募
・直接電話して応募

などが一般的な応募方法です。

希望する転職先への応募後、通常は数日すると希望する転職先の人事などの担当者から、面接の依頼がきますので、面接の日時などの調整を行い、面接を行う必要があります。

また、面接時には、履歴書を希望する転職先へ提出する必要があるため、事前に準備しておく必要があります。(面接前に事前に履歴書の提出を求められる場合もあります。)

上記を踏まえて、応募・面接におけるポイントを以下に2つ示します。


POINT1:面接は自己ピーアールの場!


通常は、面接の始めに必ずと言ってよいほど、自己紹介をする必要があります。

自己紹介する際も様々なポイントがありますが、詳細は「転職における面接での自己紹介について」の記事をご覧ください。

また、面接は自己ピーアールの場でもあり、初めて会う転職先の担当者からしてみれば、履歴書では表現できないあなたの人間性を見る唯一の場のため、転職においては、あなた自身にとっても、転職先にとっても、お互いに非常に重要な場となります。

特に、面接においては履歴書に記載してある内容以外の自分の魅力をいかにアピールするかがポイントとなります。

ただし、必要以上のアピール(アピールのし過ぎ)は逆にマイナスになる可能性がるため、十分に注意する必要があります。


POINT2:受け答えははっきりと丁寧に!


面接時は転職先の担当者から様々な質問をされます。

例えば、

・志望の動機は?
・なぜ今の会社を退職したいのか?
・3年後のビジョンは?

など基本的な質問以外にも、予想もしないような質問をされることもありますが、焦らずに受け答えははっきりと丁寧にすることを心がけましょう。


4.内定・退社準備!


希望する転職先から見事に内定を貰ったら、転職するまでやらなければならないことの半分は完了したと考えてもよいです。

逆に言うと、まだ、完全に転職するまでは、半分しか完了していないとも言えます。

その理由は、転職先から内定を貰ったからといって、直ぐに新しい会社に入社する準備を行う事も大切ですが、現在の会社を円満に退社する事も非常に重要となります。

上記を踏まえて、内定・退社準備におけるポイントを以下に3つ示します。


POINT1:内定内容の確認!


希望する転職先から内定を貰ったら、入社後に「話が違う!」というようなことにならないように、きちんと内定内容、つまり、給与や待遇などの雇用条件を確認することをおすすめします。


POINT2:退職届け(退職願い)の提出!


退職届け(退職願い)の提出タイミングは人により各々違うと思いますが、退社するには今働いている会社に対して退職届け(退職願い)を提出する必要があります。

また、会社によっては「退職届け」ではなく「退職願い」を提出するよう求められる場合があるため、どちらを提出すべきかは事前に確認する必要があります。

※「退職届」と「退職願」の違い?については、「退職届と退職願の違い?」の記事をご覧ください。

退職届け(退職願い)の提出時期については会社によっても色々と規定などがある場合がありますが、業務の引継ぎなどを考慮すると、退職日から1~2カ月前に提出するのが通常です。

そのため、先でも述べているように、転職は計画的に行う必要があります。


POINT3:業務引き継ぎ!


退職届け(退職願い)が現在の会社に受理されたら、あなたが現在行っている業務の引き継ぎを行う必要があります。

引き継ぐ相手については、会社または上司の指示に従い、計画的かつ円滑に引き継ぎを行う必要があります。

※転職におけるスムーズな「引き継ぎ」については、「転職におけるスムーズな「引き継ぎ」について」の記事をご覧ください。

また、「引き継ぎ」が完了してからも、退社するまでは、引き継ぐ相手からの質問や、サポートをする必要がありますので、何かある場合は誠意を持って対応する必要があります。


5.退社・入社!


今の会社(転職前の会社)を退社し、転職先である新しい会社に入社することで転職は完了です。

今の会社を円満に退社し、新しい会社であなたの力を十二分に発揮し活躍することを期待しています。

上記を踏まえて、退社・入社におけるポイントを以下に3つ示します。


POINT1:退社の手続きは確実に!


退社時に、今の会社(転職前の会社)に返却(提出)する書類や、今の会社から受け取る書類など、退社時に行う手続きは多々あります。

例えば、

[返却するもの]
・健康保険証
・社員証や身分証明書
・余った名刺や会社から支給されていた備品
・制服などの貸与品
・etc

[受け取るもの]
・雇用保険被保険者証
・年金手帳
・厚生年金基金加入員証
・etc

このように、退社時には退社の手続き多々あるため、確実に行う必要があります。


POINT2:退社時の挨拶は忘れずに!


退社する際はお世話になった上司や同僚はもちろんのこと、これまでお世話になった方々への挨拶は忘れずに必ず行いましょう。

また、メールで退社の挨拶を行うこともありますが、可能であればいつどこの部署の誰に挨拶を行うかを計画なり調整し、計画的にきちんと対面で会って挨拶する事をおすすめします。


POINT3:入社後の行動は慎重に!


これまでの会社と違い、新たな会社に入社しますが、会社によりその会社独自の社風なり習慣があるのが常で、転職後に気をつけなければならないことも多々あります。

例えば、

・転職先でのコミュニケーション!
・転職先と転職前の会社を比較しない!

など、これまでの立場や役割、環境が変わることを意識する必要があります。

※転職後に転職先で気をつけることについては、「転職後に転職先で気をつけること」の記事をご覧ください。

極端に言えば、これまでの会社では認められていた行動が、新たな会社では認められないケースなども多々あるため、入社後の軽率な行動は慎み慎重に行動するよう心がけましょう。

また、何か分からないことがある場合は、素直に上司や同僚、周りの人に相談することをおすすめします。


最後に


今回、初めて転職する方に向けて、転職するまでの流れを説明しましたが、転職することが必ずしも幸せになれるとは限らないため、慎重に進める必要があります。

まずは、転職する目的を明確する必要があり、転職する目的があやふやである場合は、安易に転職することは避けた方がよいです。

転職して良かった、転職しなければ良かったは、正直、転職してみないと誰にも分かりません。

いずれにせよ、この記事で、転職のおおまかな流れを理解していただけたら幸いです。

>関連記事!
転職,不安
転職における不安は?
転職された方のほとんどの方は、転職先が決まってから、転職先の会社でうまくやっていけるか?という不安があったかと思います。特に、長年働いた会社を辞めて転職する際は、転職先の会社でうまくやっていけるか?という不安があるのは当然のことかと思います。 転職 1,282view
転職先,基準,仕事内容,収入,年収,給与,賞与,勤務地
転職先を選ぶ基準は?(仕事内容、収入、勤務地のどれ?)
皆さんが、もし転職するとしたら転職先を選ぶ基準は何でしょうか?今回は、転職先を選ぶ基準について述べたいと思います。転職先を選ぶ基準で仕事内容を一番重要視する方が一番多いかと思います。特にこれまでと同じ職種や同じ業種で転職する場合は、転職先での仕事内容は気になりますよね? 転職 1,630view
転職,面接,自己紹介
転職における面接での自己紹介について
自己紹介は面接における第一歩であるため、非常に重要となります。転職における面接での自己紹介は長くても2~3分程度で完結するようにします。可能であれば1分程度でも良いかと思います。長々と話すことは面接官に良い印象を与えない事が多いため、いかに短い時間で自己紹介をするかがポイントとなります。 転職 1,500view
退職届,退職願,違い
「退職届」と「退職願」の違いとは?
もし、皆さんが転職や寿退社などで、勤めている会社を辞める時、「退職届」と「退職願」のどちらを会社に提出するでしょうか?「退職届」と「退職願」は同じと思っている方も多いと思いますが、実は、大きな違いがあります。そこで、今回は、「退職届」と「退職願」の大きな違いについて説明したいと思います。 ビジネス転職 1,908view
転職,引き継ぎ
転職におけるスムーズな「引き継ぎ」について
この記事を読んでいる皆さんの中にも、転職して自分が担当していた業務を他の人に「引き継ぎ」した方や、転職が決まり、これから「引き継ぎ」をする方もいるかと思います。今回は、転職におけるスムーズな「引き継ぎ」について述べたいと思います。 転職 1,473view
転職先,気をつけること
転職後に転職先で気をつけること
転職は色んな意味で仕事、自分の立場、環境が変わりますが、今回は「転職先で気をつけること」と題して、転職してから転職先ではどのような事を気をつければよいかを述べたいと思います。まずは「転職先でのコミュニケーション」、「転職先と転職前の会社を比較しない」です。 転職 1,824view


>カテゴリー
 >ビジネス
 >IT
 >転職
 >その他
>最新記事!
メール,1行,文字数,制限
メール1行の妥当な文字数(制限)はどれくらいか?
皆さんも仕事でメールを送信する機会が多いと思いますが、「メール1行の妥当な文字数ってどれくらいなの?」「メール1行の文字数に制限はあるの?」と、悩んだことはないでしょうか?筆者も頻繁にメールを書きますが同じように悩んだことがあります。そこで!今回は、メール1行の妥当な文字数(制限)はどれくらいか?について述べたいと思います。 ビジネス 6,740view
転職,初めて,流れ
転職するまでの流れ!(初めて転職する方必見!)
筆者も経験していますが、初めて転職する際に、どのような流れで転職するのか?が分からずに、不安であったことを今でも覚えています。やはり、初めて転職する際は、誰でも流れが分からずに不安になってしまいますよね!そこで、今回は、初めて転職する方に向けて、転職するまでの流れについて説明します。 転職 1,842view
出張,持ち物,リスト
出張に行く時の持ち物をリストにまとめてみました!
皆さんも仕事で出張に行く機会があると思いますが、出張に行く時に何を持って行きますか?特に、初めて出張に行く時は悩んでしまうと思います。ちなみに、筆者は、これまで日本全国に数えきれないくらい出張に行ったことがあります。そこで、今回は、筆者の経験を踏まえて、出張に行く時の持ち物について色々と述べたいと思います。 ビジネス 1,862view
com,co.jo,jp,違い
よく見るドメイン「.com」、「.co.jp」、「.jp」の違い!
世界中には、数えきれないほどのドメインがあり、日本でよく見るドメインは、「.com」、「.co.jp」、「.jp」だと思います。そのような中で、それぞれの違いが分かる方は少ないかもしれません。そこで、今回は、日本でよく見る代表的なドメインである「.com」、「.co.jp」、「.jp」の違いについて、説明したいと思います。 IT 8,734view
ssoとは
SSO(シングルサインオン)とは何か?
皆さんはSSO(シングルサインオン)をご存じでしょうか?全く聞いたことがない方や、言葉だけは聞いたことがあるという方など、様々だと思います。そこで、今回は、SSO(シングルサインオン)とは何か?について説明します。 IT 1,888view
遅刻,連絡,マナー
ビジネスでは不可欠な遅刻の連絡マナーについて!
誰にでも、電車遅延などの理由で、会社やお客様との打ち合わせに遅刻してしまうことがあると思います。そのような場合に、皆さんは遅刻する旨を、誰にどのような方法で遅刻の連絡をしているでしょうか?逆にいうと、遅刻する際の連絡マナーを守っていますか?そこで、今回は、遅刻する際の連絡マナーについて、色々と説明したいと思います。 ビジネス 3,200view
ノー残業デーとは
働き方改革で再注目の「ノー残業デー」とは?
皆さんの会社には「ノー残業デー」がありますか?会社によっては昔から「ノー残業デー」に取り組んでいる会社も多いと思いますが、一時下火になったかと思いきや、「働き方改革」の一環で、最近、再び脚光を浴びています。そこで、今回は、「ノー残業デー」について色々と説明したいと思います。 ビジネス 4,431view
ブラウザ,ie,利用率
PCブラウザにおいて日本でIEの利用率が高いのはなぜか?
皆さんはWindowsのPCでウェブサイトを見る時に何のブラウザを利用していますか?現在、色んなブラウザがある中で、まだIE(InternetExplorer)を利用している方も多いと思います。そこで、今回は、PCブラウザにおいて日本でIEの利用率が高いのはなぜか?ということについて、色々と述べたいと思います。 ビジネスIT 6,724view
殿,様,違い,使い分け
メールにおける 「殿」と「様」の違い、使い分け!
仕事をしていく上で、メールを送受信する機会が多い中で、メール文面の最初に記載する名前の後に「殿」や「様」を付けることも多いと思います。でも、その二つの違い、使い分けをご存知でしょうか?そこで、今回はメール文面の宛名によく使用する「殿」と「様」の違い、使い分けについて説明します。 ビジネス 3,646view
カフェ,macbook,何してる
カフェで「Macbook」を使って何をしているのか?
最近、カフェでノートPCを使用している人をよく目にします。そのような中で特に多いのは「Macbook」です。そこで、カフェで「Macbook」を使用して何をしているのか?という疑問を持ったことはないでしょうか?ということで、今回は、カフェで「Macbook」を使って何をしているのか?について、色々と述べたいと思います。 ビジネスその他 3,597view
>おすすめコンテンツ!
原因,要因,違い,使い分け
「原因」と「要因」の違い、使い分け
「原因」と「要因」という言葉を聞いたり、使用したりすると思いますが、皆さんは「原因」と「要因」の違い、使い分けをご存じでしょうか?今回は、「原因」と「要因」の違い、使い分けについて説明したいと思います。「原因」も「要因」も同じ意味のように捉えられていることも多いようですが、大きな違いがあります。 ビジネス 196,056view
asis,tobe
「As-is」と「To-be」の意味と使い方!
皆さんは「As-is(アズイズ)」、「To-be(トゥービー)」という言葉をご存知でしょうか?仕事をしていると「As-is」や「To-be」という言葉を良く耳にします。今回は、「As-is」と「To-be」の意味について説明します。 ビジネスIT 181,197view
以下,未満,含む
「以下」は含む?「未満」は含む?
皆さんも「以下」、「未満」という言葉をよく聞いたり、見かけたりすると思いますが、「以下」、「未満」は含むのか?含まないのか?が分からなくなってしまう時はないでしょうか?今回は、「以下」、「未満」が含むのか?含まないのか?について説明したいと思います。 ビジネス 166,461view
以前,以降,含む
「以前」は含む?「以降」は含む?
皆さんも「以前」、「以降」という言葉をよく聞いたり、見かけたりすると思いますが、「以前」、「以降」は含むのか?含まないのか?が分からなくなってしまう時はないでしょうか?今回は、「以前」、「以降」が含むのか?含まないのか?について説明したいと思います。 ビジネス 101,869view
づらい,ずらい
「づらい」、「ずらい」正しいのはどっち?
皆さんも「づらい」、「ずらい」という言葉をよく使用する機会が多いかと思います。例えば、「考えづらい」、「考えずらい」、「わかりづらい」、「わかりずらい」、「理解しづらい」、「理解しずらい」のように使用しているかと思います。そこで、疑問に思うのは、「づらい」と「ずらい」のどっちが正しいのか?という疑問です。 ビジネス 100,968view
適用,摘要,違い,使い分け
「適用」と「摘要」の違い、使い分け
皆さんも「適用(てきよう)」と「摘要(てきよう)」という言葉を見かける機会があるかと思いますが、「適用」と「摘要」の違いや意味をご存知でしょうか?「適用」、「摘要」ともに「てきよう」と読み、漢字も似ているため、違いや使い分けについて悩んだことはないでしょうか? ビジネス 91,486view
Excel,PDF化,複数シート
ExcelをPDF化する方法!(複数シートもPDF化)
ExcelをPDF化する方法はとても簡単で、次の手順でPDF化することができます。1.PDF化するExcelを開く、2.[ファイル]タブを開き、[名前を付けて保存]をクリック、3.[名前を付けて保存]のダイアログボックスが表示されるので保存する際に[ファイルの種類]で[PDF(*.pdf)]を選択し保存。 ビジネスIT 83,892view
よろしくお願いいたします,よろしくお願い致します,違い
「よろしくお願いいたします」と「よろしくお願い致します」の違い
皆さんもよく、メールなどで「よろしくお願いいたします」や「よろしくお願い致します」と書かれたメールをもらったり、メールに書く機会が多いと思いますが、「よろしくお願いいたします」と「よろしくお願い致します」のどちらを使うべきかを考えたことがあるかと思います。 ビジネス 81,184view
齟齬,そご,意味,使い方
ビジネスでよく使う「齟齬(そご)」の意味と使い方!
今回は、ビジネスでよく使う「齟齬」の意味と使い方について述べたいと思います。まず、「齟齬」という漢字ですが、「そご」と読みます。「齟齬(そご)」の意味は、辞書で調べてみると、「意見や事柄がくいちがって合わないこと」、「物事がかみ合わないこと」、「くいちがい」などの意味となっています。 ビジネス 65,178view
年末,挨拶,メール,社外
年末のご挨拶メール(社外向け)のポイント!(例文あり)
皆さんも年末になると、顧客や取引先など、社外の方に年末のご挨拶メールを送る機会があると思います。また、実際に会って、年末のご挨拶をすることも多いと思いますが、お世話になった社外の方への年末のご挨拶メールは、ビジネスにおいては不可欠です。そこで、今回は、社外の方に向けた「年末のご挨拶メール」のポイントについて説明します。 ビジネスその他 63,104view
HOMEPAGETOP
新卒キャリア!
ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ